2022
05.06

子育て情報サイトぴっぴ リニューアルしました(5)

事業:情報発信

100人のAIスピーカーモニター

民間発案・提案型官民連携事業採択後に、すぐに開始したのが、Amazon Echo Spotを利用した1年をかけた実証実験です。ぴっぴが開発したAIスピーカーのスキルをさらに使いやすくして、機能拡充をしていくのを目的にしています。浜松市内の妊娠中~0歳児の親100人を対象に募集しました。

アレクサ

ぴっぴとしては大掛かりな実証実験。Echo Spotを持ち帰ってもらって家庭でWi-Fi設定をする必要があります。子どもの具合やそれぞれ個人の仕事などの調整もあり、一度に多人数を集まることができないのが子育て家庭の実態です。何回かに分けての説明会を開催しました。そして、2019年3月から開始しました。毎回定番の設問、例えば、『スキル「浜松市子育て情報ぴっぴ」や「ぴっぴ for フラッシュニュース」の利用頻度を教えてください。』などの設問がいくつかあって、それプラス、月ごとに追加した設問をつけて、メールで返信をもらうというものです。これを12か月実施しました。

最初はEcho Spotを無料提供されるとあって、モニターも期待を持って回答いただいていたことが感じられました。しかし、当時はAIスピーカー自体、聞き取り認識の機能が悪かったことや開発したスキルの調整ができないままであったため、次第にアンケートの回答率が低くなっていきました。加えて、育休中であったモニターが仕事復帰をして多忙になった、コロナが流行し始めてスキルが提供する情報が役立たなくなったという理由もありました。

こうして1年間の実証実験の結果は、スキルには改良の余地は多く課題は多かったものの丁寧に解決すれば利用価値はあることがわかったこと。また、AIスピーカーは個人の価値観が大きく影響し、うまく利用している人にとっては、スマートホーム化、子どもと楽しめる機器となっていることがわかりました。

今後のサイトリニューアルに紐づけられる可能性がさらに深まったのでした。