2014年03月23日

浜松城公園の未来を語る

これからの浜松城公園を考える市民フォーラム「浜松城公園の未来を語る」が3月13日(木)18時30分から遠鉄ホールで開催されました。
100年先を見据えての浜松城公園長期整備構想というかなり広い枠でのお話です。
構成は、浜松市都市整備部緑政課からの事業説明、特別講演とパネルディスカッション。
ぴっぴも、このパネルディスカッションのパネリストのひとりとして原田が出席しました。

公園構想がテーマですが、NHKの数々の大河ドラマの時代考証や教育テレビの解説や執筆でも有名な小和田哲夫静岡大学名誉教授の特別講演「浜松城と出世のまち」や、パネリストの織豊期城郭研究会 加藤 理文氏からも城にまつわる歴史について色濃く話されたと思います。

また、こうした背景からNPO法人地域づくりサポートネット代表理事 山内 秀彦氏の観光まちづくり、(株)ドルフィンキッズプロダクション代表取締役 秋元 健一氏の商業活性化と徳川家康公を絡めて浜松をなんとかにぎわうまちにしたいというディスカッションでした。ぴっぴは子育ての視点から公園のあり方についてお話させていただきましたが、実際、浜松市内には数多く公園があります。誰もが憩える場所というのがもちろん理想ですが、それぞれ特徴があってもよさそうなもの。歴史を学ぶ初歩の小中学生が興味を傾けられるようなきっかけがここにあってもよさそうな気がします。

急ぎ足での2時間半、夜間とあって子育て中の保護者と見られる世代は市の職員さんたちだけという感じでしたが、浜松城、または小和田教授ファン?が多く来られていたのではないでしょうか。
<hiro>


※3月15日付 静岡新聞に掲載されました。
20140315浜松城公園の未来を語る.jpeg
(静岡新聞社編集局調査部許諾済み)

2014年01月04日

第59回子どもを守る文化会議

12月14日・15日の両日、静岡文化芸術大学にて「第59回子どもを守る文化会議&未来に広がるネットワークinはままつ」(主催・第59回子どもを守る文化会議&未来に広がるネットワークinはままつ集会実行委員会)が開催されました。
この会議の主旨は「子ども・若者が安心して、伸び伸びと遊び、学び、働き、人とつながる社会をどうやって構築していくかを話し合う」というもので、浜松地域の子育て支援関連20団体が協賛して実施されました。
ぴっぴは、このうち二日目(15日)の第一分科会(乳幼児の保育と子育て)を担当。
「どうしていきたい?これからの子育て」をテーマに、3時間にわたって実施しました。

前半は、話題提供者によるプレゼンテーションを行いました。
PHOTO179_R.JPG

安藤香澄氏(さざんか保育園 園長)・榊原真理氏(ふれあいサポートネット ふわっと 代表)・ぴっぴ理事長 原田の三名の話題提供者が、それぞれの活動内容と沿革、目的などを語りました。各者の活動によせる想いが伝わってくるプレゼンテーションでした。


後半は、話題提供者と一般参加者が輪になっての座談会。
テーマは「親の“自己肯定感”について」としました。平成27年に本格施行される「子ども・子育て支援新制度」の意義において「保護者の自己肯定感」という言葉が登場したことを受けて、この機会に「自己肯定感」について意見を出し合おうというものです。
参加者は幼稚園教諭や保育士、小学校教諭やNPO代表、子育て中の親などさまざまな立場の方たち15名。
PHOTO187_R.JPG

小学校教諭や園長など、子ども教育や保育に関わる立場の方たちからは、
「一番自己肯定感を高めるのは“存在を認める”こと。かかわり方次第で、人は変われる」
「『僕は自分が大好き』と言える子どもは中心線が一本通っていて、いつでもそこに帰れる」
「子育ての中で人と比べ“条件をつけた上で認める”ことが多いのでは。『あなたらしさはそれだから、それでいい』と言えるような子育て環境を作りたい」という意見が出るいっぽう、
「子どもの存在は“そのまま”でいい、でも大人はその子の発達を見て、発達に必要なかかわり、その子が前に進めるようなかかわりをしなければいけない」という意見もありました。

また、子育て中の親からは、
「現在は家庭の負担が大きいと思う。虫取りや泥遊びが上手な子どもも、学校から来る評価は教科だけで判断される。子育て中の親が携帯やスマホばかり見ていることがよく批判されるが、親たちに人とのつながりがないため、誰かとつながっていたいという気持ちがあるのでは」
という意見もありました。
座談会は終始、活発な発言で盛り上がりました。

分科会は全部で10のテーマ別に実施され、学生団体による全体会も実施されました。
さまざまな立場の方が、それぞれの経験や視点から、子育てに関する想いや意見を抱いています。それをこのような場で交換し、形として残してゆくことは大きな意義があると思いました。

◎第59回子どもを守る文化会議 ホームページ
http://networkinhamamatsu.wix.com/networkinhamamatsu


(midori)

2009年03月13日

浜松コミュニティビジネスフォーラム(2009.3.5開催)

フォーラムの様子みなさん、「コミュニティビジネス」ということばを聞いたことがありますか? 私は、ことば自体は聞いたことがありましたが、その意味はといえば、わかったような、わからないような?でした。そこへ「地域産業振興に活かそう!浜松コミュニティビジネスフォーラム」が開催されることに。パネルディスカッションには、ぴっぴ理事長の原田もパネリストとして参加するので、さっそく出かけてきました。
 
 まずは、広域関東圏コミュニティビジネス推進協議会代表幹事の永沢氏による基調講演。そこで、コミュニティビジネスとは何か?ということの明快な説明がありました。
「コミュニティビジネスとは、市民が主体となって、地域が抱える課題をビジネスの手法により解決し、その活動の利益を地域に還元することによって、コミュニティを再生・活性化する事業のことです。」
 なるほど、「地域の課題を」「ビジネスの手法で解決」するのがポイントのようですね。でも、それって誰がやるものなの?
「コミュニティビジネスの担い手は、特に組織形態として縛られるものではありません。そのため、個人、任意法人、NPO、会社(株式会社などの営利法人)など様々な組織形態での参加が可能です。」
 そうでしたか!つまり、誰がやってもコミュニティビジネスと呼べるんですね。
 
 引き続き、コミュニティビジネスの実践例の紹介がありました。株式会社シーポイントによるブログ村「はまぞう」の紹介、NPOたてやま・海辺の鑑定団によるエコツーリズムの紹介です。株式会社とNPO、それぞれのスタンスで地域のニーズに応えた事業を展開し、成功している事例を楽しく紹介していただきました。

 続いて、パネルディスカッションです。事例紹介の2者に加え、遠州夢倶楽部、そしてはままつ子育てネットワークぴっぴが入り、現状や課題について、そして今後の夢について、大いに語る時間となりました。
 さまざまな興味深いお話が聞けましたが、なかでも印象に残ったのは「コミュニティビジネスこそ、プロでなければ成り立たない」ということ。プロとしてのサービスを提供し、見返りにプロとしての代価を貰わなければ、ビジネスとして成り立ちません。たとえば、コミュニティレストランを立ち上げた女性が「普通の主婦が作る食事だから…」と、非常に安い価格で提供し(ごはんとおかず3品にみそ汁がついて300円!という安さです)、結果、経営が成り立たなくて事業が継続できなくなった、という事例。ボランティアではなくビジネスだからこそ事業を続けてゆけるし、続ける事でまちが活性化したり、雇用を創出したり、生きがいづくりができたりと、いいことがたくさん起こってくるのです。

 短い時間でしたが、なんだか少し、コミュニティビジネスというものがわかったような気がしました。
 これまで意識はしていなかったのですが、ぴっぴも、コミュニティビジネスを行っているという見方ができますね。
 ぴっぴが今後かたちにしたい夢(事業)も、じつは、た〜くさんあります。最も近い将来に実現させようと計画中なのは、プロの託児者の養成講座です。保育の経験があるのに、その経験やスキルを眠らせている方々に、ぜひもういちどスペシャリストとして活躍していただきたいのです。ぴっぴはそんな方々のスキルアップの機会と活躍の場を提供します。関心のある方はぜひ、ぴっぴまで直接お問い合わせください。
/Q太


2008年03月24日

中区づくりシンポジウム「地域の未来を考えよう!」

3月22日(土)午後1時30分から、ホテルコンコルド浜松2階雲の間で、中区づくりシンポジウム「地域の未来を考えよう!」が行われました。
「20年後の私と浜松」というタイトルで、小学生から絵画を募集し、137点の応募の中から、今回20名の小学生が表彰され、それぞれの「20年後の私と浜松」について発表が行われました。会場内には、全部で85点の優秀な作品が展示されていました。

◆プログラム
 <第一部>
  オープニングアドレス・・・上野征洋さん(静岡文化芸術大学副学長)
  市長挨拶・記念品贈呈
  発表「20年後の私と浜松」・・・中区内小学生20名
 <第二部>
  パネルディスカッション〜地域の未来を考えよう〜

◆オープニングアドレス・・・上野征洋さん(静岡文化芸術大学副学長)
 今回のイベントは、「中区まるごと宝島」ということで、政令市となり1年経ったことと、体育館の45年という長い歴史に幕を引くということの2つの記念に、中区のいいところを見つめなおそうというものです。
 「街は暮らしの入れ物」であり、子どもにどんな暮らしをして欲しいか、どんな人になって欲しいかが、まちづくりをする中では大切で、それは、大人に責任があることです。大人になると知性や感性がなくなってくるのですが、まちづくりには知性と感性が必要ですということでした。

◆市長挨拶
 今回は、中区が初めて行うまちづくり事業です。現在、7つの区の特徴を生かして区づくりの事業があちらこちらで行われています。
 中区は、浜松市の面積の3%という面積ですが、人口は全体の30%で、都市機能が集約されています。このような特徴のある中区の地域の未来を考えていく有意義な時間になって欲しいと話されました。

◆発表「20年後の私と浜松」
サッカー
 今回選ばれた20名の子どもたちが、それぞれに、20年後の自分や浜松市がこうなって欲しいと願う気持ちを発表しました。

 誰もが、「活気のあるまち」「たくさんの人であふれているまち」「住みよいまち」「地球温暖化を防ぐための開発がされたまち」「ユニバーサルデザインのまち」ということを考えていたようです。
 たとえば、「地球温暖化を防ぐ」ということで、ソーラーカーや風力発電機能を備えた車が走り、渋滞や大気汚染を防ぐために、車は空の高いところを走り、子どもも年寄りもみんな笑顔で暮らせるまちを願っているものでした。

◆パネルディスカッション 〜地域の未来を考えよう〜
 コーディネーター・・上野征洋さん(静岡文化芸術大学副学長)
 パネラー・・・・・・鈴木重子さん(ヴォーカリスト)
           スズキコージさん(画家)
           富田久恵さん
            (コミュニティレストラン「てまえみそ」管理人)
           橋本憲幸さん(アソカ学園遠州浜幼稚園園長)
P1000624.jpg

<自分たちが子どもの頃>

 パネラーの年齢により、子どもの頃というのがどれくらい前のことなのかが違うのですが、それぞれに、年齢のギャップが感じられ、面白かったです。

 特に面白かったのは、スズキコージ氏の子どもの頃で、田んぼや畑ばかりで、キツネやタヌキが良く出てきたそうです。また、道路もアスファルトで舗装されているところはほとんどなく、砂利道で、イヌはほとんどが放し飼いで、車が1日に1〜2台しか通らないから、県道の真ん中で昼寝をしているイヌもいたそうです。子どもたちは車が珍しく、車の排気ガスが出てくるところに顔を近づけて、排気ガスを吸い込んだり、どぶもきれいだったので、どぶの中で遊んだりして、どぶに流れてきたそうめんを食べたこともあるそうです。
 その頃に比べると、地球環境を危ぶむ子どもたちの絵を見て、大人の責任を感じ、刺されたみたいな気持ちになったそうです。

 富田久恵氏は、自分が10歳の頃は、家にテレビも電話もなく、自分の家にテレビが来た時の感動はすごかったそうです。だから、将来こんなにハイテクになるということや、子どもの頃から地球温暖化で頭を悩ますなど、想像もできなかったそうです。自分は、食を通じて元気になるといいなと思い、20年後の自分を考えて「てまえみそ」をつくったので、20年後の70代の自分が、地域の人とわいわい楽しく過ごせているといいなと思ったそうです。

 鈴木重子氏は、子どもの頃、「世界が平和になるにはどうしたらいいのか」ということを考えていた少し変わった小学生だったそうです。

 橋本憲幸氏は、自分が小学5年生の2学期に、学校の作文で「大きくなったら改造人間になって、正義の味方になり、悪いやつを捕まえたい」と真剣に書き、親は学校に呼び出され「5年生で真剣にこのようなことを書いているようでは・・・。」といわれたことを思い出したそうです。それに比べると今回選ばれた子どもたちはすごいと思う。ぜひ、家でこの絵をしばらく飾って欲しい。今の子どもたちのピュアな気持ちを、時間がたったときに思い出せるようにして欲しいということでした。

<子どもたちへ>

 橋本氏は、最近学校の帰りに寄り道をしてはいけないと言うけれど、「寄り道」の中に発見があり、その中で感性や感受性が磨かれることがあるので、寄り道も時には必要であるということでした。

 富田氏は、外国人やお年寄りと共生できるまちというのは、自分の考えていることと同じでとてもうれしく思いました。コミュニティづくりやまちづくりにも、今から一緒に参加してくれるといいなと思ったそうです。
 また、夢は年齢と共に変わっていきますが、根底にあるものは同じなので、夢に対して回り道してもいいので、夢を大事にして欲しいということでした。

 コージ氏は、最近、水性の絵の具を使って手で絵を描くのに凝っていて、子どもたちはそれを見てびっくりしているそうです。このやり方は、服も髪も、絵の具でどろどろになるそうですが、子どもたちも、自分の好きなことを好きなようになればいいと思う。自分は子どもの頃、教科書のあいているところに絵ばかり描いていて勉強しなかったけれど、今はこうなった。だから、みんなも好きなことをどんどんやればいいと思うといいました。

 子どもたちの絵の中には、衝撃的なものもありました。たとえば、20年後は、地球温暖化がすすんで地上では生活できないと思い、地下で生活しているという絵がありました。
 子どもたちが、地球温暖化についてこんなに危機感を感じているということや、子どももお年よりも外国人も障がい者もみんなが笑顔でいられるまちであって欲しいと願う気持ちが伝わってきた1日でした。また、子どもたちにそう感じさせてしまっている浜松、あるいは地球をつくってしまっている大人として、責任を感じるとともに、何とかしないといけないと思いました。そして、子どもたちを含めて、これからどうするべきかを考え行動して行きたいと思いました。
(わかば)

2007年03月05日

家庭教育・次世代育成支援協働フォーラム 子育てサークル見本市

子育てサークル見本市2◆子育てサークル見本市
 講演会会場となったトコハホールのロビーでは、いろいろな子育てサークル、子育て支援団体の活動情報が報告されました。この情報コーナーをご覧になって、来年度の子育てサークル情報の参考にしたり、様々な子育て支援を知るきっかけができたらよかったと思います。

 分科会のまとめを経て2日間のフォーラムは幕を閉じました。準備の時間が短かったことや慣れないことでたくさんの不備があったことをこの場を借りてお詫びします。
 でも、参加者からのアンケートにはびっしりとご意見・感想をいただき、参加者の多くの人がこの2日間が短くて充実していたと感じてくれていたと、満足しています。
 また、いろいろなところで行われているこのような会には、支援している側の人や行政の人が多いのですが、今回は、今まさに専業主婦で子育てに奮闘中の方や、子育てしながら仕事もしている方が参加してくれているようで、主催者側としてはこれもうれしい発見のひとつでした。
子育てサークル見本市1そして、浜松大学、大学職員の皆様、共催してくれた浜松市の行政メンバーの方、もちろんヌエックの皆さんも、私たちの足りないところをカバーしていただきありがとうございました。皆さんの協力なしでは決してできなかったイベントでした。この経験が新たなネットワークをつくり、私たちの宝物となったと思います。
(わかば)

2007年02月28日

家庭教育・次世代育成支援協働フォーラム2日目 公開講演

公開講演2公開講演1
◆公開講演
 「『絵本で磨くお父さんの家庭力』お父さんが♪スキップ♪して帰りたくなる家ってどんな家?」というタイトルでパパ‘s絵本プロジェクトの田中尚人さんがまずは『絵本ライブ』から始めてくださいました。この講演だけは、申し込み不要、飛び入り参加もOK、しかも子どもと一緒に参加してくださいねというものだったので、とてもにぎやかに、そして楽しく過ごせた時間でした。
 『絵本ライブ』というのは、「読み聞かせ」のように一方通行のものではなく、子どもたちとの生きたことばの交換を楽しみながらたくさんの子どもたちと一緒に絵本を読むようなものでした。絵本を読み聞かせする時とは違って、時には言ことばを省いたり途中でページを読むことをやめてしまったりということが起こり、絵本を知っている大人たちが聞くとそういう意味でのどきどきもありました。4冊の絵本を子ども達も一緒に楽しんだ後、大人たちに向けての講演が始まりました。「パパ‘s絵本プロジェクト」の活動は、「家で1日のうちに1回は必ず子どもと一緒に絵本を読む」という共通点を持つ3人のパパたちが集まって絵本ライブを始めたそうです。絵本は母親が読むものとか、夜寝る前に読むものという思い込みをなくして、父親にも父親の特性(声の太さなど)を活かした読み方ができることや、子どもが寝る頃が仕事の都合で読めなければ、朝早くおきて子どもと読むこともできるということ、子どもと絵本を読むという楽しみを持たなければ損だし、この時間が妻に妻自身のための時間を提供することにもなるという父親たちへのメッセージもいただきました。
 「こんなパパがいる家族は幸せだろうな」
なんて思いつつ、いえわが家が不幸というわけでもないとは思いますが(自信ないけど?)
田中さんの子どもとのやさしくておもしろくて自然なことばのラリーを聴いているだけで幸せな気持ちになりました。(わかば)

2007年02月25日

家庭教育・次世代育成支援協働フォーラム2日目 分科会

◆分科会◆
 フォーラム2日目は、4つの分科会でスタートしました。A-1「子どもの生活リズムの向上」、A-2「子どもの安全・安心の確保」、B-1「子育て支援システムの総合化」、B-2「仕事と子育ての両立支援」です。
福地先生 羽田先生
大豆生田先生 豊田さん
 A-1では、静岡大学教育学部附属幼稚園養護教諭の福地千富美さんが、幼稚園での食育に関する実践的取り組みについて話されました。A-2では、菊川市立加茂小学校の羽田秀樹校長が、地域を巻き込んだ子どもの安全を確保するための実践を具体的に話されました。
続きを読む

2007年02月23日

家庭教育・次世代育成支援協働フォーラム 1日目午後

フォーラム
◆講義◆
 午後は、静岡大学人文学部の舩橋惠子教授からは、「『家庭教育に関する国際比較調査』から考える家庭教育・次世代育成支援 子育てを社会全体で支える仕組み 育児への男女共同参画」という講義が行われました。「育児において男女の不平等が生まれるのはなぜか」ということについて、独立行政法人国立女性教育会館(以下、ヌエック)とともに6カ国比較調査をした。調査対象者は、日本、韓国、タイ、アメリカ、フランス、スウェーデンの0〜12歳までの子どもと同居している親、又はそれに相当する人で、各国1,000人回収しました。これは、平成6(1996)年の財団法人日本女性学習財団が同盟の調査を行ったことから、調査対象をイギリスから出生率の回復傾向が見られたフランスに入れ換え、追跡調査を兼ねて行われました。フランスとスウェーデンを比較すると、お金がなくても子育てできるよう、育児費用が社会的に保障されています。また、労働時間が短い。パートタイムも身分保障されているため、父親の帰宅時間が早く午後3時から6時が夕方のラッシュアワーとなるほどだそうです。そのため家族団欒の時間が顕在している。子育て支援策について、フランスでは多様な選択肢があり、スウェーデンでは政府の強力な支援があるとのことです。

フォーラム◆分科会◆
 その後、「子どもの生活リズムの向上」と「子どもの安全・安心の確保」についての分科会Aと、「子育て支援システムの総合化」と「仕事と子育ての両立支援」という分科会Bの2ヶ所に分かれて討議されました。
 分科会Aでは、浜松市教育委員会生涯学習部指導主事の伊熊一隆さんからの子どもの朝の登校の様子の変化についてとどのように改善していけばいいのかについてが話され、大変盛り上がりました。

 フォーラム分科会Bでは、現在、子育て支援システムが、様々なバリエーションが増えたのに統合化されていないもので、お互いのコミュニケーションもとれていないのではないかという仮説をもって話し合われました。事例発表者として、NPO法人子育て支援の会理事長の二橋桂子さん、浜松市子育て家庭支援センター所長の柴田俊一さん、みしまプレイセンター世話人の小林惠子さん、NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ理事長の原田博子がそれぞれの活動や子育て支援の現状・課題について発表しました。

◆情報交換会◆
 夜は、アーシェントタイム(浜松駅前フォルテ8階)で、情報交換会がありました。昼間の講師の先生方も、時間の許される方は残ってくださいました。昼間の講義の話をさらに深めたり、「ぶっちゃけ・・・」なんていう現実的なお話も聞くことができました。

 こうして1日目はあっという間に終了しました。たくさんの事例発表や調査研究報告がありました。
(わかば)

2007年02月20日

家庭教育・次世代育成支援協働フォーラムリレートーク

IMG_1870.jpg 
2月17日(土)18日(日)と2日間、浜松大学都田キャンパスにて独立行政法人国立女性教育会館とぴっぴが主催の“家庭教育・次世代育成支援協働フォーラム”を開催しました。分科会募集人数100名を上回り、無事に終了できました。遠くは沖縄からもご参加いただきほんとうにありがとうございました。
2日間、たくさんの人たちがたくさんの情報を運んできてくださったので、報告書にまとめるのもなんだかたいへんそうです。

新聞にも掲載されていましたが厚生労働省・文部科学省の担当官と浜松市の助役のリレートーク。
厚労省からは少子化対策の他、若年者雇用対策、働き方の見直し、地域の子育て支援の充実、社会全体の意識改革のための施策など。文科省から家庭教育支援事業として訪問形家庭教育支援や早寝早起き朝ごはん運動の推進などについて。浜松市助役からは、浜松市が取り組む子育て支援施策についてを具体的にお話いただきました。
参加者からは、具体的な国の施策を両省から聞くことができたことと浜松市のトップから具体的な取り組みを直に聞くことができてよく理解できたという感想もいただきました。
なかなかこんな場面はありませんよね。考えたら、とてもすごい顔ぶれでした!ぴっぴ
????.jpg

2007年01月28日

第5回フォーラム実行委員会

フォーラムタ行委員会.jpg2月17日(土)18日(日)の2日間にわたり、浜松大学 都田キャンパスにて
「子どもをはぐくむ地域社会の支えあいとつながり〜たいせつなことって〜なに」をテーマとしてフォーラムを開催しますが、いよいよ、具体的な準備段階に入ってきました。写真は1月25日浜松大学にて行われた第5回フォーラム実行委員会の様子です。

みなさんは、ぴっぴホームページやチラシなどで、フォーラムのお知らせをご覧になりましたか?
フォーラム参加対象者には <子育てを行っている保護者>も含まれています。つまりいつもぴっぴを見ていてくださる<おとうさん・おかあさん達>も対象者です。是非、お気軽に参加してみてはいかがでしょう?
新しい出会いや発見が待っているかもしれません。
また、18日の「公開講演/絵本で磨くお父さんの家庭力」(読み聞かせ&講演)は申込み不用ですので、お友達とお誘い合わせの上、親子で存分にお楽しみください。               <やまねくん>