2017年12月12日

冊子「浜松ワクワク歴史マップ」が手に入る場所

11月20日より配布スタートした「浜松ワクワク歴史マップ」、掲載施設のみなさんや作成に協力いただいた方々からも、こども調査員の目のつけどころやカラフルなイラストが楽しいと好評いただいています。

浜松ワクワク歴史マップ

冊子が手に入る施設は現在、

  • 浜松市観光インフォメーションセンター(JR浜松駅構内)
  • 浜松市役所 1階観光情報コーナー
  • 浜松市内図書館24館
  • 歴史マップ掲載施設(受付など管理がある浜松城、犀が崖資料館、中村家住宅、龍潭寺、蜂前神社、気賀関所、浜松博物館、万葉の森公園、賀茂真淵記念館、スズキ歴史館、浜松まつり会館の11か所)
  • レンタルサイクル はままつペダル
  • 浜松駅北口バスターミナル

となっています。奥浜名湖や天竜の観光協会にも順次配架予定です。施設によっては、ラック設置ではなく受付で保管している場合もありますので、スタッフにご確認下さい。

各施設で在庫切れの場合は、PDF版をプリントしていただくか、ぴっぴ(053-457-3418)までお問合せください。

子どもたちの冬休みまであと少し。大河ドラマもいよいよ大詰めを迎えます。市外・県外の親戚やお友だちを浜松に誘って、歴史的名所を案内するのも楽しいですよ。

(makiko)
posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:子どもとつくる歴史マップ

2017年11月30日

歴史マップ完成を市長に報告!

11月22日(水)、『浜松ワクワク歴史マップ』完成を、鈴木康友市長に報告するため、「ぴっぴ歴史マップこども調査員」として、この夏活動してくれた子どもたちやその保護者と一緒に、浜松市役所を訪問しました。市長に報告する時間帯が、ちょうど放課後の時間帯でもあったため、たくさんの親子が参加しました。

浜松市長に報告1

浜松市長に報告2

市長に直接『浜松ワクワク歴史マップ』やあわせて各自で作成した歴史新聞を手に取って見てもらったり、感想を伝えたりして、緊張気味の子どもたちでした。普段なかなか市長と個別に会ってお話しする機会はないので、緊張するのも仕方ないですよね。でも、取材をしてみて印象に残ったことや、驚いたことを、自分の言葉で簡潔にしっかり伝えることができていて、立派でした!!

市長と写真撮影

調査内容は浜松のこととはいえ、学校では高学年にならないと教わらない歴史や産業についてです。もともと歴史が大好きという親子に加えて、学校で習っていなくても調査してみようというチャレンジの気持ちのある子どもたちや、それをサポートしてくれた保護者の皆さんがいてくれたからこそ、完成に辿り着くことができました。子どもたちの視点で調べた浜松の魅力が、浜松市内外の親子に伝わってほしいです。こども調査員や保護者の皆さんからも、実際に完成した『浜松ワクワク歴史マップ』を手に取って、達成感や喜びの言葉があふれてきて、さらに伝えたいという気持ちが強まるばかりです。書店に並ぶ観光ガイドの本とは全く違うこの冊子を、ぜひ手に取ってみてくださいね。

冊子は、浜松市内の図書館等で配布していますが、ホームページからもダウンロードすることができますので、ご覧になってください。

また、それとは別に、冊子に掲載しきれなかった情報をまとめて、『子連れでおでかけ』ブログに掲載しています。こちらも、併せてごらんください。

(わかば)
※当日の様子が新聞に掲載されました。
20171123静岡新聞歴史マップ.jpeg
<平成29年11月23日朝刊 静岡新聞社許諾済み>
20171125中日新聞歴史マップ.jpeg
<平成29年11月25日朝刊 中日新聞社 許諾済み>
posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:子どもとつくる歴史マップ

2017年11月28日

ついにお披露目!「浜松ワクワク歴史マップ」が完成しました

春の企画スタートから取材者への説明会や取材報告会、そして編集と進めていた小学生のための歴史ガイド「浜松ワクワク歴史マップ」が完成しました! 

歴史マップ

11月20日より一般の方が手に取れるよう、浜松駅の観光インフォメーション、浜松市役所、掲載した施設の一部、市内の図書館などで配架しています。

大河ドラマの舞台にもなり、歴史的な魅力いっぱいの浜松。13組の取材者小学生親子が実際に名所や体験施設を訪れ、子どもたちが見て聞いた内容を中心に全24ページの冊子にまとめました。オリジナルキャラクターの「レキシンジャー」や子どもたちのイラスト、写真をたくさん掲載し、子ども自身が楽しく読めるような工夫をいっぱい盛り込んでいます。ファミリーでのおでかけには欠かせない、おいしいものやお土産情報もたっぷりで、パパ・ママにもうれしい1冊です。

取材自体は6月下旬〜7月下旬にそれぞれ実施したので、子どもたちはもちろん一緒に歩いたご家族も暑い中大変だったと思います。それでもたくさんの写真と共に、歩いて見つけたもの、施設で聞いたお話などを本当にていねいにレポートしてくれました。

この冊子の製作にあたり、助成元である「浜松まちづくり公社」、歴史のお話を聞かせてくれた浜松観光ボランティアガイドのみなさん、内容の確認や報告会の実施でお世話になった中央図書館と歴史編さん室の先生、こども調査員の取材に対応してくれた施設スタッフのみなさんなどなど、とにかく多くの方々にご協力いただいています。おかげで、子どもたちと一緒に私たちスタッフも改めて歴史のおもしろさを感じることができました。

歴史のお話

取材

歴史の勉強は小学校高学年になってからなので、「うちの子に歴史はちょっと早いかな」と思うご家庭も多いかもしれませんが、この歴史マップは探検気分、宝探し気分で散策できるよう子ども目線でポイントを紹介しています。この冊子を片手に、自然もいっぱい、見どころもいっぱいの浜松のまちを思いっきり楽しんでくださいね。

ぜひ、この冊子のご意見、ご感想を下記のフォームよりお寄せください。

(makiko)
posted by ぴっぴ at 11:31 | 事業:子どもとつくる歴史マップ

2017年08月23日

「子どもとつくる浜松歴史マップ」取材報告会

6月に開催した歴史マップ取材の説明会以降、市内の歴史的名所やその周辺を調査してくれていた「ぴっぴこども歴史調査員」たち。その報告会を8月18日(金)、浜松市中央図書館にて実施しました。

子どもたちには、取材の仕上げとして担当した施設の「歴史新聞」を作ってもらっています。この報告会では、参加してくれた8人の子どもたちに、今回の取材先にどんな歴史があるか、どのようなものを発見したか、歴史新聞を見ながら発表してもらいました。

報告会には、以前小中学校の教員をされていた、中央図書館業務アドバイザーの鈴木正之先生にも参加いただきました。子どもたちの新聞や発表を聞いて、浜松に関わる史跡のより深い歴史や新聞のまとめ方のアドバイスなどを付け加えてもらいます。低学年にはまだまだ難しい内容もありますが、わかりやすくお話いただいたことに加えて、自分が実際に行ったことがある場所、浜松の中でも話題になっている場所について子どもたちも興味をもって聞くことができたのではないでしょうか。大きくうなずいていた保護者のみなさんも、この取材でたくさんの発見があったことと思います。

歴史マップ報告会1

発表後は、冊子になる歴史マップのキーワードを探るため、大きな紙に「こんな言葉が出ていたら読みたくなる」「歴史の勉強をしておもしろいと思った言葉」などを書き出していきます。ワイワイと楽しげに子どもたちが書き出す言葉に、私たちもたくさんのアイデアをもらいました。最後に、これからも調べ学習などで上手に図書館が利用できるよう「郷土資料室」を見学させてもらいました。中央図書館のみなさんにご協力いただいたおかげで、報告会全体をとてもスムーズに進めることができました。

歴史マップ報告会2

子どもたちが作った歴史新聞や保護者のみなさんがまとめてくれたレポートを元に、冊子のマップ編集へと進めていきます。子どもがワクワクするような歴史マップを目指します。お楽しみに!

(makiko)

posted by ぴっぴ at 13:37 | 事業:子どもとつくる歴史マップ

2017年06月21日

「歴史マップ」取材者親子が犀ヶ崖に集合!

先月募集した「子どもとつくる浜松歴史マップ」の取材に、13組の小学生親子が参加してくれることになりました! これからの取材説明&歴史講話を6月10日の土曜日、中区の犀ヶ崖資料館で実施しました。犀ヶ崖古戦場は、武田軍に追われた家康が奇襲を仕掛けた逸話が残る場所です。観光ボランティアガイドさんのご協力のもと、歴史マッププロジエクトのスタートにぴったりの会場に集合となりました。

梅雨に入り雨を心配しましたが、当日はすっきりと晴れ暑いくらいのお天気です。自己紹介や取材についての説明をした後、資料館に設置された歴史案内のVTRを鑑賞しました。浜松に関わる歴史上の出来事や建造物がわかりやすく紹介され、小学生にちょうどよい内容です。

rekishi1.JPG

VTRが終わったら実際に資料館のジオラマや屋外の犀ヶ崖を見学しました。ガイドさんの説明を聞きながら、これからの取材をイメージしてもらいます。今回の取材には、2年生から6年生までが参加しています。高学年の歴史大好きメンバーは、県内外の色々なお城を巡っていて会話もハイレベル! 今まで歴史にあまり興味がなかった子どもたちも、これをきっかけに浜松の歴史に興味を持ってくれたらうれしいです。

rekishi2.JPG

最後に各自の取材先を確認して、説明会は終了しました。これから市内の施設を「ぴっぴ歴史マップこども調査員」たちが取材に回ります! 見かけたらぜひ取材や撮影にご協力下さい。

rekishi3.JPG

子どもたちがどんなことを楽しんだか、どんなところに興味を持ったかを小学生が楽しく読めるよう、冊子のマップにまとめます。どんなレポートが集まるか?! 乞うご期待!

(makiko)

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:子どもとつくる歴史マップ

2017年05月09日

“子どもとつくる”歴史マップ作成 小学生親子の取材者募集!

大河ドラマの直虎ブームに沸く浜松。全国から注目が集まる今年、ぴっぴでは子どもが楽しく学べる浜松歴史マップを作成します。小学生が「行ってみたい!」「おもしろそう!」と興味を持てる形で、歴史的名所などを紹介していきます。

そこで、このマップに掲載する施設を取材してくださる親子を募集します。子どもと一緒に浜松の魅力を発信してみませんか? 取材などが初めてでも安心してください。取材方法や撮影のポイントなどの説明会を開催します。完成したマップは子どもの成長の記念になるうえ、自由研究のテーマにもぴったりですよ! 
  1. 応募要件
    浜松在住の小学3〜6年生の親子
    *対象学年以外でも、ご興味のある方はお問い合わせください。
  2. 募集人数
    15組程度
    *申し込み多数の場合は、お子さんの年齢やお住まいの地域によって選考の上、決定させていただきます。
  3. 内容
    市内の歴史的名所や特色のあるお店などを子どもと一緒に1〜3件ほど取材・撮影し、マップやWEB掲載の元となる原稿作成をお願いします。
    *取材前に説明会を兼ねた歴史講座を開催予定です。(採用決定者に日程を連絡)
    *取材は6月〜7月中の都合のいい日程で各自実施してもらいます。
  4. 取材・執筆費
    取材先の規模に合わせて、2000円〜の謝礼あり
    *その他必要経費(交通費・拝観料等)は、規定によりお支払いします。
  5. 募集締め切り
    5月31日(水)
  6. 応募方法
    応募は問い合わせフォームの内容欄に下記の事項を記入し、送信してください。

    【歴史マップ取材応募】
    ・お子さんの名前(ふりがな)
    ・お子さんの学年
    ・お子さんの性別
    ・通っている小学校
    ・保護者の名前(ふりがな)
    ・住所
    ・電話番号(連絡の取りやすいもの)
    ・連絡の取りやすい曜日や時間帯(お仕事をされている方は、その旨をお書き添え下さい)
    ・興味のある浜松の歴史名所や施設とその理由
     (例)・子ども自身徳川家康が好きで、ゆかりのある場所に興味がある
        ・子どもが歴史を学ぶきっかけに体験施設に行ってみたい など
その他
説明会では、取材のノウハウや撮影のポイントなどレクチャーの時間を設けます。
取材に使用するカメラなどは参加者でご準備いただきます。
取材・執筆費については、子育て情報センターで後日お渡しとなります。
マップの完成は今年の秋を予定しています。

ご質問等があればお問い合わせください。
たくさんのご応募、お待ちしております!
取材親子募集
posted by ぴっぴ at 16:43 | 事業:子どもとつくる歴史マップ

2017年05月08日

小学生が楽しく学べる浜松の「歴史マップ」作り始動!

大河ドラマ「おんな城主 井伊直虎」の放映で、浜松は今全国から注目されています。直虎ゆかりの地以外にも、徳川家康由来の城や古戦場跡などがあり、歴史的な魅力もいっぱいの浜松。これを機により多くの子育て世代にその地を訪れてもらい、歴史を通じて浜松を好きになってほしい! そこで、ぴっぴは小学生が見て学べる歴史マップを作成します。

第1回ミーティングでは、企画メンバー各自がアイデアを持ち寄りどんな内容を盛り込みたいか、親子で出かけたくなるのはどんなところか、などを話し合いました。

歴史マップ会議

子どもが見やすく、手に取りやすい大きさや形も検討しています。この地図に載せる内容は、一般の小学生親子を募集し、さまざまな施設を取材してもらったものを反映していきます。

歴史マップ会議

子どもの視点を盛り込んだマップで、地域の魅力を発信します。みなさんお楽しみに!

(makiko)
posted by ぴっぴ at 13:08 | 事業:子どもとつくる歴史マップ