2017年10月12日

乳がんだからといって、温泉に行けないことはない

ぴっぴのニュースクローズアップ

毎年10月は、『ピンクリボン月間』です。

現在、日本人女性の16人に1人が乳がんにかかると言われています。また、「乳がん」は、いろいろな「がん」の中でも、日本女性がかかる割合が一番高く、年々増加をしています。40〜50代の女性が多いようですが、乳がんにかかる年代が徐々に若くなってきているのも事実です。誰もが「若いから大丈夫」「閉経したから関係ない」と言い切ることはできません。また、乳がんにかかり治療した後の体の傷に悩む人も少なくありません。

『入浴着』を使う

乳がんの治療を受け、手術痕で温泉に行くことがためらわれるという方もいます。このような方のために、身につけるのが『入浴着』や『バスタイムカバー』といわれるもので、厚生労働省「浴場業の振興指針」などで公共性が認められているものです。作っているメーカーなどにより名前や形状は違い、キャミソールのような形のものなどが多いです。

「入浴着」の使用を認めていない施設では、普段の温泉施設では、衛生管理のためにタオルを湯船につけることを禁止していることや、「入浴着」がどのようなものかが浸透していないことから、入浴着使用許可に踏み切れずにいるところもあることが、今回調査してみてわかりました。

温泉を楽しみたいのは皆同じ。今後さらに「入浴着使用」への理解が進むことを期待します。

浜松市内の温泉施設で入浴着を使用できる施設一覧

浜松市内の温泉施設で入浴着の使用ができ、情報提供の許可が取れた施設は、下記の通りです。

一般浴場で入浴着を使用できる施設
hyou1-1.png

一般大浴場では使用不可だが、貸切風呂・露天風呂付特別室等では使用可の施設
hyou2.jpg

※平成29年8月、ぴっぴ調べ。掲載許可が得られたところを掲載しています。

※貸切風呂・露天風呂付特別室等は、別途料金が発生し、利用時間制限や、予約が必要なところがあります。各施設にお問合せください。
※入浴着を使用することを、フロントなどであらかじめ伝えておくと、他のお客様とのトラブル防止になります。
※上記に掲載されていない温泉施設でも、入浴着使用が認められているところもありますので、掲載されていない施設で入浴着を使用できるかどうかは、各施設にお問合せください。

入浴着使用はユニバーサルの視点で

時には温泉で、ゆったりと羽を伸ばしたいと願う気持ちは、みな同じです。

誰もが気兼ねなく、温泉を楽しむために提案したいのは、「入浴着について温泉施設を利用する多くの方に知ってもらうため、県や市、温泉観光協会などで、啓発ポスターを作成し、温泉施設に掲示する。」ということです。

ぴっぴでは2010年から、子育て世代の女性に向けて、乳がん検診・子宮がん検診受診の啓発活動を行っています。女性の皆さんは、検診を受けていますか?男性の皆さんは、自分の周りの女性に検診をすすめていますか?


子どもたちや家族に悲しい思いをさせないために、まずは検診の予約をしませんか?

posted by ぴっぴ at 09:00 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2017年07月15日

2分の1成人式は子どもたちに必要か?

ぴっぴのニュースクローズアップ

2bun1seijinshiki.png小学校4年生の学校行事として今や全国的に行われている「2分の1成人式」。浜松でもほぼ全校で行われているのですが、この学校行事について、朝日新聞は、企業が行ったネット調査で約9割の保護者がこの行事の満足度が高いと述べると共に、さまざまな家庭事情に配慮されていないことにも触れ、子ども、保護者それぞれの立場からつらかった体験談についても追記し、論議を呼んでいます。

そこで、ぴっぴでは、「2分の1成人式」の本来の目的について改めて考えてみることにしました。

浜松市の2分の1成人式を行う目的は?


で、子どもの成長を祝う学校行事のひとつとして紹介しました。

その時のインタビューで、教育委員会指導課の先生は「浜松市では、10年ほど前から多くの学校で行われるようになりました。浜松の“人づくり教育”の一環です。子どもたちが自分自身のこれまでを振り返って 親に感謝するとともに、将来に向けての目標や夢を再確認して発表する機会としてとらえています」と言っています。

保護者はどう捉えているのか?

保護者は「2分の1成人式」をどんなふうに捉えているのでしょうか。ぴっぴ周辺の保護者に意見を募ったところ、数々の意見が寄せられました。

2分の1成人式を経験したパパやママたちからの意見

子どもが小学校4年生以上で、実際に2分の1成人式の経験があるパパママから、その時の様子をふりかえり意見をいただきました。


Aさん(ママ):学校の先生の対応次第だと思います。両親そろっていない家庭の子どもは苦痛を覚えるだなんて、おかしな話です。親を喜ばせるための行事とせずに、自分の将来を見据えるための行事としていけばいいのではないでしょうか。


Bさん(ママ):思春期を前に、今までの自分を振り返り自分の気持ちを人前で発表し、周りの人に感謝を伝える経験は、是非して欲しいです。それを聞くことで、保護者達も子ども達の個性がわかり、自分の子だけでなく他人の子も認め、小学校だからこそ、地域のつながりも強くなって行けばいいなと思います。

また、いろいろな立場や意見の人がいることを小学校、中学校のうちに知ることは必要です。2分の1成人式で自分を振り返った時、感謝したくなるのは、親だけではないですし、2分の1成人式にこだわらずそのような授業を通して、心の教育を是非していただきたいと思います。


Cさん(ママ):私は朝日新聞記事の一番最後にあった「将来の夢を考えたり自分の未来に向けた子どもにとって役立つイベントに」とほぼ同意見です。

客観的に見ると、あそこまでイベント化しなくてもいいんじゃないかな。式を担当する先生によっては、子どもへの配慮具合も異なるでしょうから。学年の団結を高めるなら、運動会や別のイベントもあります。

ただ、今までの人生を振り返ったり親への感謝を表したりするのをやめたとしても、子ども自身がこれからの未来や将来を考える学習としては有効だと思うので、その部分はうまく残してくれたらいいな。


Dさん(ママ):わが家も昨年経験しましたが、式自体は体育館が会場の大きな参観会のような形式で、ダンスあり、歌あり、縄跳びありの、にぎやかな会でした。全校で実施する運動会や音楽会よりも成長した友だちの様子がじっくり見られる、楽しいものでした。記事にあったようなファイルも作成しました。親への手紙については「自分の言葉じゃない感じ」も確かにありました。そこにあまり違和感を持たずに来てしまった自分のぼんやり加減を嘆きつつ、どの子も楽しく準備を進め、自分の好きなことを改めて確認したり見つけたりできるような行事であってくれたらと思います。


Eさん(パパ):親への感謝の言葉もあったが、将来の夢や今後頑張りたいことについて、娘自身がしっかりと考え、自分の言葉でみんなの前で発表できたことに成長を感じました。また、すでに明確な目標を持っている友達の発表を聞くことができたことも、娘にとって良い刺激になったのではないでしょうか。

6〜7人のグループ単位で発表が行われた後、保護者から感想を伝えましたが、自分の子どもだけでなく、他の子どもの発表も含めて、将来について良く考えていることを称える感想が多く出され、まわりの大人がみんなの夢の実現を応援していることが伝わったのではないでしょうか。

生い立ちや家庭状況等配慮しないといけない家庭もあるかと思いますが、運営の仕方次第で、子どもの自己肯定感等を育む良い機会となると思いました。


2分の1成人式の経験がないパパママの意見

子どもがまだ小さく、2分の1成人式の経験がない乳幼児のパパママは、どのように感じたでしょうか?


Fさん(ママ):正直なところ、どんな行事もすべての児童が喜ぶものにはならないですが、親のエゴや先生の押し付けがなされる現実があるとすれば残念ですね。

私は子どもに感謝はされたいですが、それを求めることをしないのが親だと思っています。


Gさん(ママ):朝日新聞の記事にあるように、配慮の必要な子どもはいるとは思いますので、学校の先生の配慮に期待したいと思います。けれど、行事として学校で2分の1成人式があるのはよいことだと思います。私は親に感謝の言葉を述べるとか、子どもから感謝の言葉を言ってもらうとかってことはちょっと照れくさくて苦手です。準備は大変そうですが、大変だからこそ、価値ある行事なのかなとも思いますし、楽しみでもあります。


Hさん(ママ):「振り返ることがつらいお子さんがいるから、しない。」となってしまったら、「持久走大会で、学年最下位になるのがつらい…しないでほしい。」と同じで何にもできなくなってしまうような気がします。

正解のない時代を生きていかなければならない子ども達にとって、将来についてよりリアルに考えていくことは、とても大切だと思います。


Iさん(ママ):小・中学生に関わる仕事をしていた経験があります。

2分の1成人式を行事として行うこと自体は賛成です。ただ子どもが自分の成長を振り返ることと、育ててくれた大人への感謝をいっしょにしてほしくありません。

記事でも問題になっているのは、親への感謝を強制する指導があるからではないかと思います。自分が思ってもいないことを自分の意見として発表させられることはとてもつらいものです。そしてごく稀とはいえ、作文を添削するときに子どもの感情にまでつっこんで書き足しや書き直しを要求する先生がいらっしゃいます。

私自身の子どもが大きくなって2分の1成人式をするときには、自分が今までどんなことが好きで、これからどんなことをしていきたいと思うのか、どんなことが印象に残っていて、うれしかったことはなんなのか、そんな手紙をもらいたいです。その中にお母さんありがとうの言葉が自然と入る子もいれば、入らない子、言う気にならない環境の子もいるかもしれません。そしてむしろこちらから、今まで元気に育ってきてくれたことへの感謝の手紙を送りたいです。


Jさん(パパ):親のための、教師のためのイベントとしてお祝いするのは少し違うかなと思いました。 さまざまな背景をもつ家庭があるので、それぞれに配慮することは難しいとは思いますが、子どものためのイベントであるべきだと思います。お母さんに感謝を伝える家庭が多い中、父親が主に家事育児をする専業主夫家庭の子どもはもしかしたら他と違うことを気にしてしまうかも…?

主役は子どもたち自身

「2分の1成人式」について、経験の有無に関わらず、ここに意見をくださった多くの保護者は、子どもと一緒に調べ学習を通して自分の生い立ちを調べることなどから、客観的にわが子の成長をあらためて感じる機会として、肯定的に見ているようです。

けれども、自らの家庭を肯定的に捉えられる環境に置かれている子どもばかりではありません。それなのに、中には「親への感謝」を強要するような行き過ぎた指導が教師にあり、保護者を感動させよう、行事を盛り上げようと力が入るあまりに、お涙頂戴ふうの劇場型の行事になってしまっていることもあるようです。


主役は、子どもたち自身なのですから、決して、保護者のために開かれる行事であってはならないはず。


「2分の1成人式」は、子どもたちにとって、保護者のみならず、地域のたくさんの大人たちから祝福してもらえる場であり、子どもなりにどんな将来の夢や目標を持ちたいかを考え発表する場であってほしいものです。


参考:

『2分の1成人式、広がる 「感謝の言葉」苦にする子も』(5月18日朝刊)


『「2分の1成人式」誰のため? 感動押しつけに違和感も』(6月26日朝刊)




posted by ぴっぴ at 00:00 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2017年06月23日

乳がんは11人に1人、子宮がんは33人に1人がかかっている

ぴっぴのニュースクローズアップ

みなさんは、がん検診をどのような時に受けますか?
乳がんは30代後半から、子宮がんは20代後半から罹患率が上がるといわれています。まさに、仕事は責任あるプロジェクトを任されたり、子育てを忙しいながらも楽しんでいる年代ですよね。

平成25年「国民生活基礎調査」によれば、胃がん・肺がん・大腸がん・乳がん(40歳以上)、子宮頸がん(20歳以上)を対象とした5つのがん検診受診率は、女性の場合、いずれのがん検診についても3〜4割程度と低い状況です。そこで、浜松市のがん検診受診率はどれくらいなのか、気になったので調べてみました。

子宮がん・乳がん検診の受診率が減っている!?

「平成28年度版浜松市統計書」(平成29年3月発行)というものがあり、「がん検診の受診状況」が載っています。

jyushinritsu.png

これを見ると、子宮がん・乳がん検診の受診数が残念ながら減っています。浜松市の人口は、平成26年10月現在で、791,191人(そのうち女性は、399,359人)で、平成27年10月現在で、798,252人(そのうち女性は、402,682人)なので、少ないながらも増加しているので、人口減少が原因となっているものではないようです。

検診の種類で比較すると、胃がん・大腸がん・肺がん・前立腺がんについては、検診受診者数が増えているのに、子宮がん・乳がん検診だけ減っているので、その原因が気になるところです。

子宮がん・乳がん検診受診率が減った理由は?

<無料クーポン>

原因の一つとして浜松市の担当課に問い合わせてみたところ、無料クーポンの配布数が、平成26年度に比べて平成27年度は減ったことが影響しているのではないかということでした。

平成26年度には、無料クーポン対象年齢の人以外にも、平成21年度〜24年度までの未受診者にも再配布していて、平成27年度には、平成25年度の未受診者に再配布したそうですが、ここで、無料クーポンの配布数が大きく違っているようです。
※無料クーポン配布は、平成21年度から開始されました。

上記の数字は検診として受診している人の数です。何か気になるところがあって病院で受診している人は検診受診数には含まれていません。実際には、子宮がんや乳がんかどうかのスクリーニング(ふるい分け)検査を受けている数は、上記の表の人数より多いということになります。

<有名人のがん告白でハッとする>

平成27年9月には、北斗晶さんが乳がんであることを発表しました。こういうニュースを耳にすると、日ごろから気になっていた人が、病院で検査したいということで検診予約が殺到し、病院も急激に混みあうということを聞きます。この場合は、検診ではなく、病院で受診をする、つまり、保険診療を受けることになるため、上記の表の数字には反映されないことになります。

実際はどうなのか、専門家に聞いてみた!!

浜松医科大学 理事・副学長 金山尚裕 氏(産婦人科学)に伺いました。

平成27年度の子宮がん・乳がん検診受診率が減少している理由をどのように捉えておられますか?
そうですね、平成27年の子宮頸がん、乳がん検診者は少し減っていると思います。私どもの医局の関連施設の先生も同様な事を言っていました。その主な原因にクーポンの配布枚数の減少が影響していると思います。乳がん、子宮頸がん検診をしている方はクーポン券の方を1とすると0.5ぐらいは保険診療で行っていると思います。たとえば、年間150人の患者を診てマンモグラフィーを行っている開業の先生がいるとすると、そのうち100人はクーポン券、残りの50人は病気が心配で来られ、乳がん疑いとのことで保険診療の方でしょう。おおまかにはそんな印象です。芸能人ががんに罹ると、報道されて3か月ぐらいはかなり増えるようです。ただ一時的とのことです。

検診率が伸びないのは家庭の教育が一番の問題だと思います。浜松のブラジル人の子宮がん受診率は日本人よりかなり高いと思います(浜松市に聞けばわかるかもしれません)。ブラジル人は母親が小さい頃からパパニコロ検査(子宮頸がん検査)を受けるようにしつこく言うそうです。日本人の母親はそのような感覚が少ないと思います。子宮頸がんは他のがんと違い、原因がヒトパピローマウィルスであるとわかっているため予防できるがんなのに、毎年日本で3,000人死亡しています。なんとかしなければなりません。また1万人以上の方が子宮がん(前がん状態を含む)で子宮全摘あるいは子宮頸部の円錐切除を受けています。

予防対策としては、
【男性側】性器(特に亀頭)を清潔にする、心配な時は必ずコンドームをつける。
【女性側】検診を定期的に受ける。ワクチンを受ける、一回でも性交渉があれば検診を受ける、不特定多数の男性と性交渉をしない、タバコを吸わない、栄養のバランスをよくして免疫力を上げる(朝しっかり食べる、間食を控える、運動する、野菜を多く食べる、ヨーグルトなどの発酵食品を沢山摂取する等)。生活習慣の改善結果として腟内の乳酸菌が増え、腟の感染防御能が高まります。

このような取り組みでかなりの子宮頸がんは予防できます。

金山教授の話にあったブラジル人の子宮がん検診受診率について、浜松市に確認したところ、残念ながら、国籍別の子宮がん検診受診率という統計を出していないということで、数字的な裏付けはできませんでした。しかし、子どもの頃から検診の大切さを学ぶことは、大人になってからしっかり実行することにつながるのですね。実際にブラジルではどうなのか、ブラジルの方に聞いてみたところ、小学5〜6年生くらいになると、性教育が始まり、15歳くらいになるとパパニコロ検査を受ける子どもがいるそうです。教育の大切さを実感します。

有名人や身近な人ががんであることを知り、自分も検診を受けるという行動にうつすのは一時的なものだとすると、教育の力が検診受診率向上に大きな力を発揮するのではないかと考えられます。

日本と海外のがん検診受診率の比較をすると?

ちなみに、先進国の検診受診率を比較したデータを見てみましょう。

「がん検診の国際比較を見ても、日本の乳がん検診、子宮頸がん検診は、OECD(経済協力開発機構)加盟国30カ国の中で最低レベルに位置しています。」と、厚生労働省のホームページ内に書かれているような状況です。

OECD1.png
OECD2.png

子宮がん・乳がん検診を受けよう!

私たちが健康に生活していくためには、自己検診を普段から各自で行い、気になることがあればすぐに病院で受診することです。無料クーポンを受け取った時以外にも、1〜2年ごとに検診を受けましょう。検診には予約が必要ですが、年度末近くになると、無料クーポンを受け取っていたのに検診受診を忘れていた人などが予約を入れる傾向にあり、年度末には予約が入れにくくなることが多いそうです。有名人のがん告白等により、関心が高まった時にも一時的に予約は殺到するので、予約が入れにくくなるのは同様です。できるだけ、年度初めのうちに予約を入れるように心がけておくと良いです。

また、定期的に検診を受けることをお互いに勧めあう社会になってほしいものです。職場などでは、女性特有がん検診を受けに行くために職場に穴をあけることをためらったり、家庭でも、病気になったわけではないのに子どもを誰かに預けて病院に行くと言い出せなかったりすることがあるようです。できることなら、病気になってから治療するという前に、予防することを忘れないでください。

がん検診受診率比較については、がん検診を受診するだけではなく、日ごろから気になることがあればすぐに病院で受診するということの大切さを実感します。そして、がん検診として受診した数値だけを比較するのではなく、病院でスクリーニング(ふるい分け)検査を受けている数値も併せて比較してみたいものです。

浜松市では、平成29年度の乳がん・子宮がん検診受診率を50%以上にするという目標を掲げているようです(ちなみに、平成23年度は、子宮頸がん検診受診率が26.7%、乳がん検診受診率が29.5%。健康増進課調べ。「浜松市がん対策推進計画」より)。

そうなると思い出してほしいのが、聖隷浜松病院乳腺科部長 吉田雅行先生がいつも唱えている合言葉!

検診に 2人誘って 50%(ごじゅっぱー)

ですね。家族や職場、友人同士で、声を掛け合って、みんなで検診を受けるようにしましょう!!

協力:浜松医科大学 理事・副学長 金山尚裕 氏(産婦人科学)

posted by ぴっぴ at 09:00 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2017年03月10日

浜松市保育園申込状況のまとめ2017 (4)これから保活する人に向けて

ぴっぴのニュースクローズアップ

浜松市は、全国的にも、静岡県内の他の市町と比べても待機児童が多い状態が続いています。そのため、年齢や地域により保育園の入園が思い通りにならない人も多いのですが、少し妥協することで入れたという人もいます。
保育園に入れた人、入れなかった人はどこが違うのか? 希望する人全てが保育園に入園することはできないのか、など皆さんも一緒に考えてみませんか?

平成30年4月入園に向けての保育施設整備

浜松市の現時点での計画では、平成30年4月入園に向けて、850名分+地域型保育事業(小規模保育・事業所内保育)で376人の受け入れ枠の拡大が予定されています。子育て世代の増加の多い浜北区には新設2園、定員増1園、北区に新設される2園は三方原地区の豊岡町、三幸町で、浜北区からもアクセスしやすく、テクノポリス方面への通勤に便利な場所です。

認定こども園、保育園の新設情報(平成30年4月開園予定)

平成30年度新設保育施設
平成29年度当初予算案の主要事業より(浜松市)
P45〜47 私立保育所等施設整備費助成事業

保活の前に知っておきたいこと

もし、職場復帰までに保育園が決まらなければ仕事をやめなければならない、せっかく決まった採用が取り消される……という状況でしたら、「どこにも預け先がない!」という事態はなんとか回避しなければいけません。
ではどうしたらいいのでしょう。いくつかのポイントをあげてみたいと思います。

「相談機関を活用する」「先輩たちの経験を聞く」

認可保育施設の申込窓口となる各区役所には、保育を希望する保護者のニーズを把握し、希望や勤務形態に合った保育サービスの情報提供をする「保育相談員」がいます。また、NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴでは、子育てと仕事の両立のための相談を受けたり、ハローワーク浜松と連携して、毎年各区で出張マザーズコーナーを開催したりしています。この講座では、子育てをしながら働くための心構え、保育施設の情報提供のほか、お迎えに間に合わない時、病気になってしまった時など職場復帰後にも必要になる保育サービスについての情報提供やファミリー・サポート・センターの登録受付を行っています。
これらの相談機関を活用したり、先輩たちの経験を聞いたりして情報収集をしておきましょう。

自分の点数を把握していますか?

保育園の選考で使われる、「利用調整基準点」は、就労条件、家族の状況など複数の項目があり、それぞれ細かく要件が決められています。子ども・子育て支援新制度により、保育園は月64時間以上の就労で申し込めるように緩和されましたが、選考で使われる基準点は月の就労時間が64時間の人は16点、150時間以上の人は20点 と段階的に点数に差がつけられています。父親と母親の点数の低い方が採用されますので、夫婦ともにフルタイムで共働きの人と、どちらか一方がパートやアルバイトで就労時間が短い人は最大4点の開きが出てきます。また、月の就労日数も加点に関わってきます。
入園選考の基準となる点数表は、区役所の窓口でもらえますし、ぴっぴのホームページでも公開されています。自分の就業状態だったら、どのくらいの点数になるのかは知っておきたいですね。

二次募集はあてにしないで、一次募集で入れそうな園を探す

今年のケースで言えば、全体で400人以上が溢れた1歳児でも、一次受付の締め切り時点では小規模、事業所内保育施設に75名の受け入れの余裕がありました。
一次がだめだったら、二次で小規模や事業所内も検討しようと思っている人もいますが、同じことを考えている人も多く、二次受付では小規模や事業所内保育所にも申し込みが増えてきます。
一次受付のうちから小規模保育や事業所内保育を希望することで点数の低い人でも、チャンスが広がることがあります。

希望園の変更期間を活用する

4月入園の一斉申込時は締切後に申込者数が発表され、そこから約1週間の希望園の変更期間が設けられています。昨年の記事「保育園落ちた」は、なぜ起きる?でもふれているように、第1希望の申込数が募集数を超えている場合は、第1希望としている人の中で選考が行われるため、第2希望に書いても選考対象となりません。
点数配分や選考方法については賛否がありますが、現在の選考の仕組みの中では、第1希望をどこにするかはとても重要なことです。
※平成30年4月入園の選考より、第1希望優先から、選考方法が「第1希望施設優先」から、第3希望までの「利用調整基準点優先」に変更になりました。

1週間という短い間に、見学に行くのも時間的に難しいでしょう。あらかじめ、小規模保育や事業所内保育も含めて第1希望の園以外についても調べておいて、場合によっては希望順位の変更をすることも検討しておくことが必要です。

3歳児以降は幼稚園に預けて就労するという選択も

認定こども園への移行が進む中で、「働く親は保育園、働いていなければ幼稚園」という垣根がなくなってきています。私立幼稚園は保護者のニーズに対応するため、ほとんどの園で夕方5時以降の預かり保育を行っています。満3歳、もしくはそれ以前から通園できるところもあり、幼稚園の「預かり保育」を利用して仕事をしている保護者もいます。また、浜松市立幼稚園も一部の園では預かり保育が実施されています。2歳までは地域型保育、認証保育所、企業主導型保育、認可外保育施設を利用しながら、3歳以降は幼稚園の預かり保育を利用して働くことはできないか検討してみてもいいでしょう。

「保育園落ちた」以降、急ピッチで進む待機児童対策

昨年の「保育園落ちた日本死ね!!!」の投稿をきっかけとして、待機児童解消に向けての施策がスピードをあげて進められています。今年度スタートした企業主導型保育事業もその一つです。
また、保育の面だけでなく、介護の負担、過重労働の削減など、社会全体で働き方の見直しをする動きも出てきています。育休期間を延ばしたり、在宅勤務を認めたりする企業も増えてきました。

働く親が増えた分、保育園に通う子どもの数は増えていますが、少子化で子どもの数全体が増えているわけではないので、幼稚園の受け入れは余裕ができています。必要に応じて保育施設を整備していくと同時に、待機児童の多い0〜2歳児の保育と、間口が広がる3歳以降の預け先との連携の仕組みをしっかりと整えていくことも必要です。

ここ浜松市では、平成29年度も残念ながら1歳児を筆頭にまだ待機が続きそうですが、新設の保育施設が稼働する平成30年度には待機児童が解消に向かうことを願うばかりです。

posted by ぴっぴ at 12:01 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2017年03月08日

浜松市保育園申込状況のまとめ2017 (3)企業主導型保育事業の登場

ぴっぴのニュースクローズアップ

昨年4月から企業主導型保育事業が開始されました。企業主導型保育事業は、会社が従業員のために保育園を設置し、運営していくための費用を国が補助する事業です。

地域枠は従業員以外の子どもも利用できる

企業主導型保育事業では、従業員以外の地域の子どもが利用できる「地域枠」が、最大で定員の50%まで設定できるようになっています。認可外保育施設となるため、地域枠での入園を希望する場合は施設の設置企業に直接申し込みをします。地域枠の無い施設でも、設置企業や提携企業で働くことで保育が利用できます。

今年4月から開園の施設もあり、園児募集中のところもあるようです。
認可保育施設の選考に漏れてしまい困っている人は問い合わせしてみましょう。
詳しい住所、連絡先等はぴっぴに掲載されています。

企業主導型保育事業

働き方によってはメリットも! こんな人は検討の価値あり

企業主導型保育事業を利用することで、メリットが大きい場合もあります。

土日祝の勤務がある

医療・介護、サービス業などの企業が事業所内保育所を設置している場合は、土日祝の受け入れをしている施設も多いです。仕事の業種によっては日祝がお休みの認可園より利用しやすいケースもありそうですね。

所得の高い人

保育料は認可並みに抑えるようにという国の指針もあって、地域枠の保育料は、市が定める保育料の所得中間層あたりの金額に設定されています。認可外だから、保育料が高いということはなく、所得が高い人にとっては、認可保育施設に預けるよりも保育料が安い場合もあります。

働きたいけれど仕事が決まっていない人

再就職をしようと思っても、仕事探し、保育園探しを同時にしていくのは大変です。さらに残業の時や病気の時はどうするの? など対策を考えないといけませんが、事業所内保育所を設置する企業は、子育て中の就労に理解を示し応援してくれている企業です。その企業に就職して従業員として保育園を利用するという方法もあります。職場と子どもの預け先が近いことの利便性もあります。

上記のような人は企業主導型の事業所内保育を検討してみる価値があるといえます。

posted by ぴっぴ at 12:00 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2017年03月06日

浜松市保育園申込状況のまとめ2017 (2)平成29年度4月入園はどうだったのか?

ぴっぴのニュースクローズアップ

2017 浜松市保育園申込状況のまとめ

  1. 平成28年度の待機児童と年度途中の入園状況
  2. 平成29年度4月入園はどうだったのか?
  3. 企業主導型保育事業の登場
  4. これから保活する人に向けて

4月入園の申し込みは11月に一次受付、2月に二次受付の2回募集があります。
平成29年度(今春4月入園)には、新設・増改築・小規模・事業所内保育の増加で1,445人の定員増が行われ、全年齢で2,864人分の募集がありました。

今年の募集と申込状況を公開資料からNPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴが独自に集計分析(※)してお伝えしていきたいと思います。

一次受付の状況

平成29年度も1歳児は高倍率

一次受付は、平成28年11月17日(木)〜11月30日(水)に実施されました。
年度途中の入園がかなわず入園待ちをしている人に加えて、新年度で区切りが良く、一番入りやすいといわれる4月から働こうと考えている人が新たに申し込み、2,864人の募集人数に対して2,761人の申し込みがありました。子どもの年齢によりで差が大きく、表を見てもわかるように、圧倒的に1歳児に入園希望が集中しています。

H29 一次受付全施設

根強い認定こども園・保育園志向

施設別では、0〜2歳児で認定こども園・保育園の希望者が申込人数を上回っています。特に1歳児については、募集枠の倍近い希望者がいます。一方、小規模・事業所内保育施設は、申込数が募集定員を下回っていました。これは昨年も同様の傾向でした。
一次受付の段階だったら、難関と言われる1歳児でも、勤務時間数が少なく点数順の選考では不利になってしまう人でも小規模や事業所内保育所だったらストレートに入れたことになります。

H29 一次受付施設種類別

新設園により浜北区以外は緩和の方向へ

区別では、今年度待機児童が多かった中区や東区は新設園が複数できた効果で、1歳児以外の年齢では概ね希望者を吸収できています。
子育て世代の人口流入も多い浜北区は、新設園が実質1園※だったこともあり、0歳〜3歳までの年齢区分において申込数が募集数を上回っています。(※みゅうのおか保育園は天竜区の公立保育園閉園にともなう移行)

H29 一次受付区別

一次受付の最終申込数でおおよその入園可能性がわかる
一次受付は申し込み締め切り後、約1週間の希望園、希望順位変更期間を経て、園別の最終申込数が公表されます。

浜松市の保育園の選考は、勤務時間、勤務日数、世帯の状況等がポイント化された「利用調整基準点」によって次の(1)→(2)の順に行われます。
注:平成30年4月入園から、入所選考方法が変更になる見込みです。
(1)第1希望の施設の申込数が募集定員に満たない場合は、第1希望の園に入園内定
(2)申込数が施設の募集定員を超える場合は、利用調整基準点数の高い順に入園内定

第1希望で申し込みをした園が、申込人数の方が募集人数を上回っている場合は、入れるかどうか不安を抱えながら年末年始を過ごしていたことでしょう。結果は年明け1月23日に郵送されました。

二次受付の状況

認定こども園・保育園はさらに狭き門に
二次受付は平成29年2月1日(水)〜2月10日(金)に実施されました。
二次受付は一次受付で内定が出ず保留となってしまった人や、転入等で一次受付期間に申し込みをしていなかった人が対象となります。一次受付で残った枠の追加募集という位置づけですので、一次募集に比べ募集人数も少なく、より狭き門となりました。

※二次受付の最終申込人数の発表は行われませんので、以下の表は申込最終日の数字です。

H29 二次受付全施設
 
小規模・事業所内保育も注目された
認定こども園・保育園の倍率はさらに高くなり、一次受付では余裕のあった小規模や事業所内保育所にも申し込みが流れてきています。

H29 二次受付施設種類別

では、認可保育施設以外にはどんな選択肢があるのでしょうか? 次回は今年度スタートした企業主導型保育施設の紹介をします。


※データに関する補足


◆ 参考にした資料
1次受付募集数(平成28年11月17日公表)
1次受付申込状況(平成28年12月9日現在 希望園変更確定後)
2次受付募集数(平成29年2月1日公表)
2次受付申込状況(平成29年2月9日現在 ※希望園変更期間の最終日前日に公表、最終申込者数の公表はなし)
◆ 数字を見る際のご注意
区別、年齢別の傾向をお伝えするため、公開された資料をもとに、NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴで独自に集計をしています。

超過人数は、区ごと年齢ごとに合算しているため、園別の超過人数の合計とは異なります。
この募集数は、「優先入園枠」を除いた数字です。「例えば、上の子が通う保育施設に、下の子が1歳6カ月になるまでに育児休業からの復職で入園を希望する」場合や、「2歳児までを預かる施設(小規模保育所・事業所内保育所等)から指定の連携保育施設へ」という場合は優先入園となります。
これらの入園希望者数を差し引くため、0歳児クラスでも、募集がなかったり、1〜2名しか募集数がなかったりすることがあります。

また、募集数は、園ごと年齢毎に決められている定員を下回っている場合がありますが、これにも理由があります。園児の受け入れは、面積等の施設の基準による定員と、職員配置の両方を満たさなければならないことになっています。例えば、0歳児は3人につき1人以上、1歳児は6人につき1人以上の保育士を配置すると決められています。募集時点において保育士の配置が未定であれば、施設の条件を満たしても園児を受け入れることが出来ず、募集数が少なくなります。このような場合は、今後保育士が増員されると、募集枠が追加されることがあります。

その他、在園児の退園や、年度途中の定員弾力化等の理由で、入園可能者数は流動的になります。
このため、実際の入園受入数や、今後浜松市が公式に発表する待機児童数とは異なる場合があります。


posted by ぴっぴ at 10:00 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2017年03月03日

浜松市保育園申込状況のまとめ2017 (1)平成28年度の待機児童と年度途中の入園状況

ぴっぴのニュースクローズアップ

2017 浜松市保育園申込状況のまとめ

  1. 平成28年度の待機児童と年度途中の入園状況
  2. 平成29年度4月入園はどうだったのか?
  3. 企業主導型保育事業の登場
  4. これから保活する人に向けて

平成29年度4月の保育施設の入園申し込みと選考が昨年末より行われ、二次選考の結果が通知されました。今後、転出等により、多少の繰り上げがあるとしても、29年4月の入園者がほぼ決定した段階です。

昨年、保育施設の4月入園の募集数と申込状況について、「待機児童問題・浜松市の場合」としてまとめましたが、今年の募集状況についても、数字を追ってみました。

平成28年度待機児童は半減したが・・・

まずは今年度の状況をふりかえってみましょう。
平成28年4月には認定こども園と保育園の創設と増改築による定員増、小規模保育・事業所内保育の拡充等により1,510人の定員増となりました。

浜松市 保育施設入所児童数 待機児童数グラフ
その結果、
平成27年から28年度にかけて、待機児童が407人から214人と半分近く減りました。214人の待機児童の年齢別内訳をみると、1歳児115人、2歳児55人、0歳児34人と、育児休業明けの1歳児をはじめとして0〜2歳児が全体の95%を占めています。
待機児童年齢別園グラフ

年度途中の入園は困難な状況が続く

4月には214人に減った待機児童ですが、4月の時点でほぼフル定員の受け入れをした1~2歳児は、年度途中の入園がほとんどできない状態でした。0歳児は年度前半には多少の余裕があるものの、育休復帰が進むにつれ前半でほぼ埋まってしまいました。
浜松市は、12月より年度途中入園の募集数と保育施設の申込状況を月ごとにオープンデータとして公開するようになり、子育て情報サイトぴっぴでも人数を集計して掲載を始めました。
平成29年3月入園の募集人数と申込状況
(※申し込み人数は平成29年1月末現在のデータ)
3月の入園募集は、0歳児募集3人に対して、788人の申し込み(倍率263倍)1歳児募集3人に対して363人の申し込み(倍率121倍)という、全く入れる気がしない数字です。
平成29年3月保育施設入園
全年齢合計では申し込みをしている人数は1月末現在で1,480人です。
この入園申し込み人数は、現在認証保育所に預けていて認可施設に転園を希望するなどで待機児童のカウントから外れている保留児童(=いわゆる隠れ待機児童)の人数も含まれています。4月時点での保留児童は727人でしたから、そこからさらに倍増していることになります。

年度途中の入園が難しいとなると、進級、卒園で異動があり、新設園や定員増で募集枠も多くなるため一番入りやすい4月入園に望みをかけて保育施設の入園を目指すことになります。

では、今春平成29年4月の入園はどうだったのでしょうか? 次回ではそれについて見ていきます。

posted by ぴっぴ at 15:05 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2016年04月22日

保育園待機児童問題・浜松市の場合(3)待機児童解消への道筋は?

ぴっぴのニュースクローズアップ

待機児童問題・浜松市の場合

  1. なぜ定員拡大しても「入れない」?
  2. 「保育園落ちた」は、なぜ起きる?
  3. 待機児童解消への道筋は?

保育施設は来年度以降も増え続ける

浜松市は幼稚園の再編やこども園への移行も含めて、早期の待機児童解消を目指しているそうです。
そして、さらに今後も保育施設を増やす計画になっています。平成29年度は1,180名の定員増が予定されていますが、その数には(現在既に受け入れに余裕がある)3〜5歳の定員も含まれます。

平成29年4月開所予定の保育所と認定こども園
平成29年4月開所予定の保育所と認定こども園

平成28年度当初予算 私立保育所等施設整備助成事業(浜松市ホームページ)より

保育施設を探す保護者がやっておきたいこと

「相談機関を活用する」「先輩たちの経験を聞く」

認可保育施設の申込み窓口となる各区役所には、保育を希望する保護者のニーズを把握し、希望や勤務形態に合った保育サービスの情報提供をする「保育相談員」がいて、他都市でいう保育コンシェルジュ的な役割を担っています。
窓口では、入園選考の基準となる点数表をもらうこともできます。自分の就業状態だったら、どのくらいの点数になるのかも知っておきたいですね。
また、NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴでは、ハローワーク浜松と連携して、毎年各区で出張マザーズコーナーを開催しています。この講座では、子育てをしながら働くための心構え、保育施設の情報提供のほか、お迎えに間に合わない時、病気になってしまった時など職場復帰後にも必要になる保育サービスについても情報提供を行っています。

これらの相談機関を活用したり、先輩たちの経験を聞いたりして情報収集をしておきましょう。

選択肢を複数考えておく

もし、職場復帰までに保育園が決まらなければ仕事をやめなければならない、せっかく決まった採用が取り消される……という状況でしたら、「どこにも預け先がない!」という事態はなんとか回避しなければいけません。4月入園の一斉申込時には希望園の変更期間が設けられています。締め切り後に応募者数が発表されるので、そこから1週間で希望園の変更をするか、しないかを決断しなければいけません。
選択肢として、小規模保育や事業所内保育、認証保育所、認可外保育施設も含めて第1希望の園以外についてもあらかじめ調べておくことが必要です。希望園に申込みが集中しているようだったら、比較的余裕のある園や小規模保育や事業所内保育がないか、区役所で相談をしてみましょう。

3歳児以降なら幼稚園に預けて就労するという選択も

以前は「働く親は保育園、働いていなければ幼稚園」というイメージがありましたが、認定こども園への移行が進む中で、その垣根がなくなってきています。 私立幼稚園は保護者のニーズに対応するため、ほとんどの園で夕方5時以降の預かり保育を行っています。満3歳、もしくはそれ以前から通園できるところもあり、幼稚園の「預かり保育」を利用して仕事をしている保護者もいます。また、浜松市立幼稚園も一部の園では預かり保育が実施されています。

働く親 = 保育園という図式にこだわらず、小規模保育や、幼稚園の預かり保育等の活用によって、働き方のスタイルに合わせた利用施設を選択をすれば、待機となるケースを防ぐことが出来るかもしれません。
保護者は候補となる保育施設について事前に情報収集し、自分たちのワークススタイルにあった保育施設を選んでいくことが解決の糸口となるのではないでしょうか。

保育需要の予測とコントロール

浜松市はもちろんこれまでも保育需要の予測を立てて保育施設を増やしてたのでしょうが、働き続ける女性が増加する見込みや、働きたいけれど待機児童が多くて保育園には入れないとあきらめていた人の潜在需要を把握しきれなかったのかもしれません。将来の少子化を見越して控えめに予測していたのかもしれません。結果的に、ここ数年は保育園をつくり定員を増やせば増やすほど、希望者も増えるいたちごっこになってしまっています。

保護者が「保育園落ちた」と悲鳴をあげる中、浜松市では平成29年4月には14園(定員増も含む)の保育施設が増えることになっています。緊急対策として施設を増やすことに力がそそがれていますが、それは多額の税金との投入とセットとなることもよく考えていかないと、後で大変になってしまいます。税金を負担するのは私たち市民ですから。
なぜ、今年の申込みで認可保育所に申込みが集中し、地域型保育事業の希望者が少なかったのか? 幼稚園の受け入れの余裕を活かすにはどうしたらいいのか? を分析して、増やすばかりでなく、今ある保育資源を活用するためのコントロールをしていくことも必要ではないでしょうか?

posted by ぴっぴ at 09:00 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2016年04月21日

保育園待機児童問題・浜松市の場合(2)「保育園落ちた」はなぜ起きる?

ぴっぴのニュースクローズアップ

待機児童問題・浜松市の場合

  1. なぜ定員拡大しても「入れない」?
  2. 「保育園落ちた」は、なぜ起きる?
  3. 待機児童解消への道筋は?

「希望園」が優先される入園選考の仕組み

浜松市の保育園の選考は、勤務時間、勤務日数、世帯の状況等がポイント化された「利用調整基準点」によって入園が決まる仕組みになっています。

さて、点数が高い人から保育園に入れるのかと言えば、そうとは限りません。選考は次の(1)→(2)の順に行われます。

(1)第1希望の施設の申込数が募集定員に満たない場合は、第1希望の園に入園内定
(2)申込数が施設の募集定員を超える場合は、利用調整基準点数の高い順に入園内定

この選考方法だと、「第1希望をどこにするか」の違いで、同じ点数でも保育園に入れる人と入れない人が出てきてしまうのです。
希望者が集中する園に申し込んだ場合、正社員フルタイムで点数が高くても入園できないことがある一方、希望者が少ない園では勤務時間数が少ないパートでも入園できるというケースが出てきます。

選考方法については賛否あるようですが、浜松市は全国で2番目に面積が広く、通園可能な範囲が限られている地域もあるため、希望優先の入園選考がされているとのことです。

他の保育施設を選べば入れたケースも

「小規模保育」や「事業所内保育」は、平成27年度から始まった「子ども・子育て支援新制度」の「地域型保育」という枠内で行われている事業で、待機児童の約9割を占める0〜2歳児の保育ニーズに応えるために設けられました。

保育の様子はこちらの取材記事で紹介しています。

実は、小規模保育や事業所内保育は、一次受付の時点では申込数が募集数を下回っているところがあり、申込みが多く激戦と言われる1歳児でも、第1希望で入所要件を満たしていれば入園が可能な状態でした。

地域型保育事業(小規模保育・事業所内保育)の申込み状況
地域型保育事業申込み状況
※天竜区は対象施設がありません。

3〜5歳の保育は供給過多、幼稚園は定員割れ

保育施設の4〜5歳児は、新設の認定こども園・保育園を中心にまだ受け入れに余裕があります。年齢別待機児童

また、浜松市立幼稚園の3〜5歳は軒並み定員割れです。

平成27年度 浜松市立幼稚園 定員と在籍園児数(一部抜粋) 浜松市立幼稚園定員充足率

参考資料:(浜松市ホームページ)
  各幼稚園の園児数(PDF:54KB) / 定員一覧(浜松市立幼稚園園則) 

0〜2歳児は待機児童も多く、まだまだ受け入れを増やさないと追い付かない状況ですが、3〜5歳は幼稚園を含めた総受入枠を考えた場合、現在すでに「足りている」状況です。

しかし、現状の幼稚園は保育時間の長さ、長期休業中の対応等、”就労”を支える面で難しい部分があります。働く親の増加にともなって、保育園は入れないのに、幼稚園は定員割れというアンバランスが生じてしまっているのです。

このため、浜松市では市立幼稚園の閉園や認定こども園への移行が検討されていますが、地元の理解がえられず難航している地域もあるようです。

次回は来年度予定されている保育施設の新設計画をお知らせしながら、待機児童解消への道筋を考えてみたいと思います。

posted by ぴっぴ at 09:00 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2016年04月20日

保育園待機児童問題・浜松市の場合(1)なぜ定員拡大しても「入れない」?

ぴっぴのニュースクローズアップ

待機児童問題・浜松市の場合

  1. なぜ定員拡大しても「入れない」?
  2. 「保育園落ちた」は、なぜ起きる?
  3. 待機児童解消への道筋は?

この春「保育園落ちた日本死ね!!!」の投稿が話題となり、国会でも取り上げられたことで待機児童解消に向けて緊急対策が打ち出されるなどのきっかけになりました。
タイトルや言葉遣いは過激でしたが、内容(深刻な待機児童問題)については現実に起こっていることで、浜松市も例外ではありません。

昨年度の浜松市の待機児童数(平成27年4月1日時点)は407名でした。
全国の市区町村の中で6位、静岡県内で圧倒的1位、県全体の待機児童数780名のうち半数以上を浜松市が占めています。都市規模や人口の違いもあるため単純比較はできませんが、ワーストの上位に並んでしまうのは不本意なこと。なんとか待機児童を減らそうと、平成28年度に向けて約1200名の定員拡大が行われるなど様々な対策が実施されました。
今年度はまだ始まったばかりで、正確な待機児童数の発表は行われていないため、保育施設の募集数と応募状況を公開資料からNPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴが独自に集計分析(※)してお伝えしていきたいと思います。

子どもの年齢で異なった申し込み状況

認可保育施設(認定こども園、保育園、地域型保育事業)の平成28年4月入園の申込みにおいて、一次受付(11月後半〜12月)では全体で2440名の新入園児の募集がありました。

希望者の多い0〜3歳児は1941名の募集に対して、2480名の申込みがあり、539名の申込超過となりました。年齢毎の超過数は0歳児24名、1歳児が一番多く 337名、2歳児120名、3歳児58名でした。
逆に、4・5歳は募集人数よりも申込者数の方が少ない結果となりました。 一次受付 募集人数と申込者数

一次受付で入園保留になってしまった人、一次受付で申込みをしなかった人が対象の二次受付は、募集数が少なくなるため、応募倍率はさらに高くなりました。
二次受付 募集人数と申込者数

1歳児は超難関だった、平成28年度4月入園

育児休業の期間は子どもが生まれた日から1年間(1歳の誕生日の前日まで)となっています。しかし、浜松市の待機児童数は、平成27年4月時点ですでに407人もいて、年度途中の入園は0歳児でも難しい状況でした。すんなりと保育園入園が出来ず、育休を延長して空きを待っていた人たちも4月入園の一斉受付時に申込みをするため、特に1歳児は申込み数が募集数を300名以上も上回る超難関となってしまいました。

保育施設は増えているが、需要がそれを上回る

もちろん浜松市も無策ではなく、毎年のように保育施設を増やしています。

平成24年からの4年間で、3,921名の受入枠の拡大が図られ、実際の総入所児童数は2,555名増加しています。ところが、需要はそれを上回って増加し、待機児童は減るどころか、逆に増加しています。

浜松市待機児童推移(H28)

平成28年度当初予算の概要(浜松市ホームページ) より

では、入園申し込みに対してどのような選考が行われ、どのような結果となったのでしょうか。次回ではそれについて見ていきます。


※データに関する補足


◆ 参考にした資料
1次受付募集数(平成27年11月20日公表)
1次受付申込状況(平成27年12月18日現在 希望園変更確定後)
2次受付募集数(平成28年2月1日公表)
2次受付申込状況(平成28年2月10日現在 ※希望園変更期間の最終日前日に公表、最終申込者数の公表はなし)
◆ 数字を見る際のご注意
区別、年齢別の傾向をお伝えするため、公開された資料をもとに、NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴで独自に集計をしています。

超過人数は、区ごと年齢ごとに合算しているため、園別の超過人数の合計とは異なります。
この募集数は、「優先入園枠」を除いた数字です。「例えば、上の子が通う保育施設に、下の子が1歳6カ月になるまでに育児休業からの復職で入園を希望する」場合や、「2歳児までを預かる施設(小規模保育所・事業所内保育所等)から指定の連携保育施設へ」という場合は優先入園となります。
これらの入園希望者数を差し引くため、0歳児クラスでも、募集がなかったり、1〜2名しか募集数がなかったりすることがあります。

また、募集数は、園ごと年齢毎に決められている定員を下回っている場合がありますが、これにも理由があります。園児の受け入れは、面積等の施設の基準による定員と、職員配置の両方を満たさなければならないことになっています。例えば、0歳児は3人につき1人以上、1歳児は6人につき1人以上の保育士を配置すると決められています。募集時点において保育士の配置が未定であれば、施設の条件を満たしても園児を受け入れることが出来ず、募集数が少なくなります。このような場合は、今後保育士が増員されると、募集枠が追加されることがあります。

その他、在園児の退園や、年度途中の定員弾力化等の理由で、入園可能者数は流動的になります。
このため、実際の入園受入数や、今後浜松市が公式に発表する待機児童数とは異なる場合があります。


posted by ぴっぴ at 14:30 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2016年02月17日

どう見る?男性の育休取得

ぴっぴのニュースクローズアップ

「男性の育休取得について」緊急アンケートを実施!その結果は?

昨年12月、自民党の衆院議員夫妻の出産にあたり、男性(宮崎謙介)議員が1か月の育児休業を取りたいという意向を示したことから、厚生労働省のイクメンプロジェクトの座長や国会議員の間で様々な意見が飛び交いました。発端が国会議員なので議論の場の中心は東京でしたが、ここ浜松では、この出来事はどのように受け止められていたのでしょうか?

ぴっぴでは、「男性の育休取得についての緊急アンケート」と題したアンケートを実施し、自由回答を重視して意見を集めました。

【実施期間】 2016年1月21日〜2月8日

【回答者数】 38人

  性 別 : 女性(28人)、男性(10人)

  年 齢 : 20代(4人)、30代(12人)、40代(18人)、50代(4人)

  居住地 : 浜松市(35人)、静岡県内(1人)、それ以外の地域(2人)




アンケート内容

【質問@】男性国会議員が育休取得をすることで、今後は世間で、男性が育休取得することのハードルが下がると思いますか?

【質問A】そう答えた理由(自由回答)



■多くの人が、ハードルは「下がらない」と答えたが…

graph1.png

質問@でハードルが「下がる」と答えた人と、「下がらない」と答えた人の割合は、概ね2対3となりました。しかし、回答は自由回答を読むと、単に「YES」「NO」で分類できるものではありません。

「YES」「NO」にも段階があるのだということ、職業によっても考え方が違うことがわかります。以下で見ていきましょう。


■回答者の職業別に見ると…


職業別では、民間の会社員が「YES」と答えた中では40%、「NO」と答えた中では18%となっています。公務員や医療関係者には「YES」と答えている人はいませんが、「NO」と回答する中で、公務員は13%、医療関係者は17%を占めます。この人々は、自分たちの立場とは異なり、民間企業ではまだ男性の育休取得への理解を得るのは難しいのではないかと考えていることがわかります。


■自由回答から読み解く「男性の育休」理想と現実のギャップ


graph3.png

自由回答によると、「YES」と答えた人のほとんどが、「国会議員という国民の信託を受けた立場の人が育休を取得することがきっかけとなって取るハードルが下がるのではないか」と期待しています。

中には「議員が育休取得することで明日からすぐにというわけではきっとないだろうけれど、小さな一歩に違いない」という回答もありました。


「NO」と回答した人の意見はその逆です。「国会議員は特別であり、民間企業とは違った立場の人であるから、なんら一般の人には影響しないのではないか」と考えている人が多数でした。また、それよりなにより身近な上司、経営者、企業の理解がないと変わらず、未だそういう企業は少ない」と感じています。「育休よりも早く夫を自宅に帰してほしい」と願う切実な妻の声もありました。ハードルが下がることについては「NO」と回答し、「現実は進まない」と嘆きながらも育休については「大賛成」という回答者もいます。


このように、全体からみると、誰もが男性の育休取得を望んでいるものの、現状や実際の待遇面を鑑みて「難しい」「変わってほしい」と願っていることがわかりました。問@のYESとNOは同じコインの裏表だということができるでしょう。



中小企業だからこその、柔軟な働き方を考える


この度の男性議員の育休取得については、地方に住む私たちにとっても「東京」という枠を超えて議論する良い材料となりました。議論の中では、国政を司る議員という職業の特殊性も焦点になりました。ところが、後日宮崎議員のスキャンダルが週刊誌で報道され、育休以前に人として、国会議員として問われることになり、論点がずれてしまうことになりかねない状態となってしまったことは残念です。


大企業が集中している都心とは違い、90%以上が中小企業という浜松。大企業のように育休制度が整った企業ばかりではありません。先日も市長との雑談の中で「製造業も多い浜松では、自由に仕事時間を配分できるようなIT企業等ならよいが、工場の製造ラインを持つ企業ではやり繰りがたいへんだ」という話も出ました。まだまだ議論は続けていく必要性はあると思われますが、まずは残業をしない働き方、子どもの行事や病気に対処できるような柔軟な時間の取り方ができる働き方に変えていくことが第一でしょう。

勤務内容や配属場所に応じた対処の仕方を先進的にやっている企業を真似てみるのもよいかもしれません。だめなら方法を代える。それができるのは小回りのきく中小企業ならではの長所ではないでしょうか。
posted by ぴっぴ at 16:01 | ぴっぴのニュースクローズアップ