2017年06月15日

静岡県放射線技師会公開講演会

5月28日(日)グランシップ(静岡市駿河区池田79-4)で平成29年度静岡県放射線技師会公開講演会『男女共同参画社会〜家庭とキャリアを両立するのは誰?〜』を行いました。主催は公益社団法人静岡県放射線技師会です。放射線技師会という専門分野からの依頼は初めてでした。
DSCF5776_R.JPG
ぴっぴでは浜松医科大学家庭支援相談事業として浜松医科大学で女性医師を中心に相談を行ってきています。専門分野では仕事の内容からも男女の差はないものの、女性は妊娠出産というライフイベントが発生した場合は、配慮すべき事項です。女性がキャリアをいかに捉えて子育てと両立していくかは自分だけでなく、家庭はもちろんのこと、職場でも相互間の協力やコミュニケーションが必要となります。
DSCF5766_R.JPG
放射線技師の分野はとかく男性主導が多かったのですが、近年、乳がん検診の推奨もあり、検診を受ける側への配慮としてマンモグラフィーを扱うのが女性技師となってきているため、女性が増えてきています。
今回の講演のねらいは、どの職業選択にも男女の差がなくなってきた社会の中で、社員の中には子育てや介護を行う人々がいるのだという事実を踏まえ、実態として周りの企業や社会の動きについてお話する中で、職業の分野が違っていても、共通する課題はいくつも存在するという認識をそれぞれが持ってもらうことでした。
DSCF5768_R.JPG
1時間も満たない中での話だったので、かなり速い速度だった気がします。
経営者側も雇用者側もそれぞれ視点を変えて見ると見えなかった部分が明らかになってきます。
わずか数十年の間に男女雇用機会均等法など画期的に変化してきている中で、講演後のパネルディスカッションのパネラーのみなさんの特に若い男性の意識が変化していることが印象的でした。
<Hiro>


posted by ぴっぴ at 10:59 | 事業:男女共同参画

2016年12月06日

女性医師支援センター ランチョンセミナー

11月24日(木)浜松医科大学内女性医師支援センター主催のランチョンセミナーでお話をしました。テーマは、「浜松市の子育て事情」。2年ぶりの講座です。
IMG_5505.jpg
名前のとおり、子育て中の女性医師の支援が主ですが、今回は男性医師の参加もありました。浜松市では年々、保育園の増設や幼稚園の預かり保育の充実等整備されていますが、まだまだ待機児童が多いのが現状です。

医師は働き方も様々。常勤の人もいれば、大学院に行っている人など。また、異動も多いので、これから浜松へ転入してくる人もいます。
一般の会社員とは異なり、子育て中の母親である女性医師は考慮されるものの、患者さんや研究の状況によっては変動した時間で仕事と子育ての両立を計らなければなりません。
IMG_5510.jpg
これまでの講座と同様、保育状況の他、学童保育についてもお話をしました。
質問もいくつかいただいた他、多忙な状況での保育施設探しの困難さがうかがえる話もありました。
今回は学生さんをはじめ29名と多くの参加がありました。需要の多いテーマなので定期的に開催したいと主催側からコメントをいただきました。
<Hiro>
posted by ぴっぴ at 15:54 | 事業:男女共同参画

2016年06月24日

こらぼ講座で男女共同参画を考える

6月20日(月)、西区西山町にあるトクラスプロダクツにて、こらぼ講座「“パパぢから”をつけよう!子育てをして仕事力アップ」を行いました。週の初めでしたが仕事の後にもかかわらず、疲れた顔も見せずにたくさんの方が集まってくれました。

「すべての人が性別にかかわりなく個人として尊重され、自らの意思により個性と能力を十分に発揮することができる社会の実現は、私たち市民の願いです。(浜松市男女共同参画条例 前文より)」というように、男女共同参画とは、性別や年代、国籍などにかかわらず、自らの意志で社会に参画していくことができることを目指していることです。

金子みすゞの「わたしと小鳥とすずと」という詩のように、「みんなちがって、みんないい」のです。「男だから」「女だから」「若いから」などという固定観念を取り除いて、コミュニケーションをとっていくことが大切です。

korabo_0620.jpg
今回は、タイトルにある“パパぢから”ということで、男性参加者が多く、子育て中の方や、子育て中の方がいる職場で働いている上司の方、同僚の方が参加してくれました。こういう場に当事者だけが集まるのではなく、当事者の周りにいる方も一緒に参加して考えてくれることは、とても大きな力になります。当事者だけでは変わりません。周囲の人をいかに巻き込んで、よりよくしていくかを考えることで、少しずつ変わっていくことでしょう。今回、いろいろな立場の方を集めてくれたこと、本当に感謝しています。

最後は、みんなで少しワークショップを行い、意見を出し合っていただきましたが、お互いに「言いたいことを言い合う」ことができている様子がうかがえました。会社の中で何かを変えていこうという時には、まず、お互いに遠慮なく意見を言える風土が必要です。

otousan.png子育ては一人ではできません。たくさんの人たちの助けが必要です。そして、子育てしながら仕事を続けていくことは大変なことです。子育てしていない人にも協力してもらう必要があります。逆に子育てしている人は、制度だからそれを活用するのは権利だという態度ではなく、職場の中でお互いに気持ちよく仕事ができるように気配りすることも必要です。

そんな「おたがいさま」を感じられる社内の雰囲気の中、子育てで身につくスキルを、仕事のスキルに変換していただければと願います。


(わかば)
posted by ぴっぴ at 09:15 | 事業:男女共同参画

2015年04月15日

ヤマハ(株)育休取得者交流会

毎年恒例となっているヤマハ釜J働組合主催「育休取得者交流会」で、子育て情報提供しました。

yamahakouryu3.jpg

夫婦で参加された方、市外から浜松市内の職場に通勤しながら子育てしようとしている方、浜松市内在住で市外の職場に通勤しながら子育てしようとしている方、ご主人の海外赴任が急きょ決まった方、前回も参加された方など、今回の参加者の状況は様々でした。

子ども・子育て支援新制度が施行され、状況がずいぶん変わったというものの、仕事と子育てを両立させようとしている人にとって、良い変化ばかりではなく、むしろ保育施設入園が厳しくなっているのではないかという不安が募っているようでした。また、ママ友の中での都市伝説的な噂話に翻弄され、不安を増大させているパターンもありました。

yamahakouryu4.jpg

情報を得ても、「本当かな?」とちょっと疑ってみることが時には必要です。そして、「本当かな?」と思ったら、直接担当の窓口などに確認してみることも必要です。思い込みや噂話にあたふたするより、事実を知って、それにどのように対策していくかを考えた方が良いです。

そして、いろいろな問題が複雑に絡み合って困ったら、専門家のいる窓口などに相談すると、自分の中の問題も整理され、解決策に近づきます。自分ひとりで頑張り過ぎないで、利用できる窓口やサービスを上手に使って、子育てと仕事を両方楽しめるとよいですね。(わかば)

posted by ぴっぴ at 15:33 | 事業:男女共同参画

2014年10月22日

ヤマハ労働組合主催『育休者交流会』

10月18日(土)、恒例の『育休者交流会』に子育て情報提供ということで参加してきました。
秋の行事やお子さんの体調不良で来られなくなった方もありましたが、少ない人数だっただけに、個別に不安を感じていることなどを解消できたのではないでしょうか。
yamaharouso.jpg
中には年度中に職場復帰を考えている方もいらっしゃったので、子どもの預け先については危機感があります。
また、来年度から「子ども・子育て支援新制度」になるため、諸手続き等まだまだ確定していない部分もあり、不安が一層募るようです。

今回は、労働組合の男性委員がたくさん参加していただいたので、ご自身の家庭内だけでなく、ぜひ会社の中で、「仕事と子育ての両立」の意義を多くの方に伝えていただければと思います。
(わかば)
posted by ぴっぴ at 10:00 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2014年09月04日

平成26年度 男女共同参画推進フォーラム〜ひとりひとりの活躍が社会を創る〜

8月29〜31日、埼玉の国立女性教育会館で開催された「平成26年度 男女共同参画推進フォーラム」に参加しました。
会場の様子1

男女共同参画推進というテーマのもとに、政治、地域社会、働き方とワーク・ライフ・バランス、防災、子育て、介護、ジェンダーetc.といった多彩な領域について、講演や講座、ワークショップが3日間にわたり開催されるというものです。
会場の様子3

参加者数は千人を超え、広い会場が埋め尽くされるほどの活況でした。ですが、参加者の割合は女性のほうがはるかに多く、見た感じでは9対1という印象。男女共同参画事業の現場において男性の参加がこんなにも少ないのは残念としか言いようがありません。

さて、フォーラム内で特別講演として開催された 厚生労働省事務次官 村木厚子氏による「女性の活躍促進と社会の活性化」は、女性の活躍促進における現状から今後の政策、問題点や課題までが明確に示され、未来への展望につながる内容でした。
会場の様子2

男女共同参画基本法が施行されてから15年。「男女共同参画」ということば自体は古めかしく見えますが、国際的な指標を見る限り、日本はまだまだ男女共同参画が進んでおらず、先進国の中では最低ランクです。
さらに、非正規雇用の増大や女性の貧困化など、格差は深刻化しています。また、少子高齢化に伴う社会構造の変化もあり、単に「女性の活躍を」とスローガンを掲げるだけでは解決に向かわないという現状の中、女性がもっと活躍できるような具体的な施策(“子ども・子育て支援新システム”もその一環です)が多数実施・検討されているのだということも示されました。

行政から企業まで、社会の隅々で決定権のある立場に女性が配置されることが、次世代の男女共同参画を進めることにつながります。
「管理職になる時、女性は戸惑いがちだけれど、階段を昇れば視野が広がってそれまで見えなかったものが見えるようになる。恐れずに階段を昇ってみてください」
という、村木さんのことばが印象的でした。

ぴっぴも団体が実施する事業のひとつとして「男女共同参画事業」を掲げ、働く母親の再就職に向けた相談事業等、さまざまな事業を行ってきました。今後も子育て世代のエンパワーメントにつながる事業を行っていけるよう、社会の動きを注視していきたいと思います。

midori
posted by ぴっぴ at 16:43 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2007年11月21日

第3回 家族でクッキング開催

11月17日(土)10時より、あいほーるにて、第3回目の家族でクッキング教室を開催しました。

P1000335.jpg今回は、キャロットライスと鶏団子スープを作りました。離乳食に取り分け可能なメニューなので、今回は、赤ちゃん連れの方にも参加していただきました。

P1000342.jpgおんぶ姿で料理するママ、慎重に包丁を握るパパ、張り切って人参をすりおろすお姉ちゃん、家族それぞれが自分の役割をしっかりと遂行。あっという間に料理は完成しました!

P1000345.jpg同じ材料でつくったメニューのはずなのに、なぜか各家族ごとに見た目も味も違うようです。不思議そうに感心して、隣のテーブルの鍋をのぞきこみ談笑する姿も見られました。

P1000343.jpg今回で、この親子クッキングは終了です。

参加してくださった多くの家族のみなさん、そして楽しいレシピを提案し、指導してくださった志保ママさん、本当にありがとうございました。




posted by ぴっぴ at 20:21 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2007年11月19日

みんな笑顔でクッキング

参加してくださった仲良し家族の笑顔をパチリ!!

第3回 離乳食編
参加家族の写真 参加家族の写真 参加家族の写真
参加家族の写真 参加家族の写真 参加家族の写真
参加家族の写真 参加家族の写真
第2回 幼児編
参加家族の写真 参加家族の写真 参加家族の写真
参加家族の写真 参加家族の写真 参加家族の写真
参加家族の写真 参加家族の写真 参加家族の写真
参加家族の写真 参加家族の写真 参加家族の写真
参加家族の写真 参加家族の写真 参加家族の写真
参加家族の写真

第1回参加者の皆さん、カメラの不具合でご紹介できずに、本当にほんとうにごめんなさい!
posted by ぴっぴ at 09:17 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2007年10月30日

家族でクッキング教室・幼児編

P1000257.jpg家族でクッキング教室の第2回目を10/28(日)10:00〜12:00あいホール調理室にて開催しました。
前回は小学生の親子対象でしたが今回は、幼稚園保育園児の親子が対象で、メニューはみんな大好きスパゲティナポリタン♪
それに色のきれいなミモザサラダ。

P1000256.jpgママ、パパ、兄弟と家族揃って参加されている方も多く、とてもにぎやかに楽しく調理が進みました。
パパたちの包丁さばきはなかなかのもの。中にはお子さんをおぶったスタイルで丁寧に野菜を切っていくパパの姿もありました。

P1000271.jpg普段はめったにおんぶをされることはないそうで、ママにとっても貴重な光景のようでした。
子どもが作業しやすいよう、小型の脚立を持参していたり、親子でお揃いのエプロンをしていたり、楽しみ方もいろいろ工夫があって感心しました。

P1000304.jpg調理は手早く進み、11時過ぎには試食タイム。ずっといいにおいがしていたので、待ちきれない子もちらほらいましたよ。
総勢16家族。調理室いっぱいに笑顔があふれていました。

次回は11/17(土)乳幼児のいるご家族を対象に離乳食を作ります。多くの参加があり、楽しい出会いがあることを楽しみにしています。                (さんふれんず)

posted by ぴっぴ at 11:05 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2007年10月06日

家族でcooking教室

パパ!お子さんやママといっしょにお料理をつくってみませんか?
家族で楽しいひとときを過ごしましょう!

ぴっぴでは「家族でCooking教室」(平成19年度浜松市男女共同参画推進支援事業)を開催します。食欲の秋!ぜひご家族でお楽しみください。

只今参加者募集中!

今回は◆幼児のお子さんのいる家庭◆が対象になっています。

 日 時: 10月28日10:00〜12:00
 場 所: あいホール調理室
posted by ぴっぴ at 00:01 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2007年09月11日

静岡県男女共同参画センター研究調査業務委託報告書

MXZD0453.jpg平成18年度静岡県の委託事業として行った調査研究の報告書が出来上がりました。

「男性にとっての男女共同参画について」
〜男性の仕事と家庭(家事・子育て等)の両立について〜
http://azarea.pref.shizuoka.jp/tyousakekka.html
MXZD0455.jpg静岡県東部・中部・西部の幼稚園・保育園、約3000組の保護者(父親・母親)の方々にアンケートをお願いしました。
アンケートの内容検討から、配布・回収、データ集計・分類、分析・まとめ、そして製本されるまでに、約1年かかりました。

この調査は、これで終ったわけではありません。
今後このデータを元に、さらに研究を続けて行く予定です。
<やまねくん>


posted by ぴっぴ at 22:50 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2007年08月30日

家族でクッキング 小学生編

 父親も含めた家族団らんの食事ができない家庭がまだ多く、「帰ってきたらもう、子どもは眠っていた」、「土日も仕事が立込んでいて、子どもに“お父さん、今度はいつ帰ってくるの”」と言われる父親も少なくないようです。たまにはお父さん存在感と家庭内交流を深めるためにも、“お父さんといっしょ”の料理教室も悪くはないのかもしれないとぴっぴで企画しました。ふたを開けてみるとお父さんの仕事の忙しさもさることながら、小学生の子どもたちも、習い事/スポーツクラブなどで忙しく高学年はなかなか出てこられないという状態に直面してしまいました。
親子でクッキングすることには効能があります。脳トレで有名な川島教授の講演会で、料理はボケ防止にもつながり、子どもの脳の発育に良いというようなお話をうかがったことがあります。料理の手順は「野菜の皮をむいているうちにお肉をいためて・・」などいくつかの行程を同時並行にやっていくので自然と脳が活性化されているのでしょう。
 小学生編では、カレーピラフとビシソワーズ(冷たいジャガイモスープ)がメニューです。子どもたちにお手伝いをしてもらいながら簡単にできることと、アウトドア向けにもじゅうぶん対応できるメニュー。講師の志保ママによると“ピラフの具材を代えるとまた、種類も増えるし、卵でオムライスもできる”というすぐれた一品です。
「包丁も滅多ににぎったことがない」というお父さんもいるはずでしたが、野菜のみじん切りなどなかなか細かくなっていて感心してしまうほどでした。
具材をお米と混ぜて電気炊飯器でたきあげるはずが、調理室の電力不足で各々の炊飯器内の中身が時間をかけても炊き上がらないというアクシデントに見まわれてしまいました。全部を集めてガス炊飯器で再度、炊き上げることになり、せっかくそれぞれの調理した具材の味を楽しんでいただけずごめんなさい!ビソワーズはそれぞれの味が楽しめたことだけが救いです。
半日、お疲れ様でした。このメニューを持ち帰って、たまには家族で協力しながら作ってみてほしいなというのがぴっぴスタッフの願いです。後日のお話が聞けるとうれしいですね。hiro
続きを読む
posted by ぴっぴ at 00:53 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2007年07月28日

家族でCooking教室

「これはおとうさんの得意料理!」っていえるものありますか?
お子さんに手伝ってもらって、アウトドアでも出来る「得意料理」を作っちゃいましょう!
ぴっぴでは「家族でCooking教室」(男女共同参画推進支援事業)を開催します。夏休みの一日をぜひご家族でお楽しみください。

レストラン只今参加者募集中!

今回は◆小学生の子どものいる家庭◆が対象になっています。

 日 時: 8月25日10:00〜12:00
 場 所: あいホール調理室

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.hamamatsu-pippi.net/info/19cooking.htm
hakari.JPG
posted by ぴっぴ at 13:21 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2006年10月03日

調査事業

syorui .jpg

「男性の仕事と家庭(家事・子育て等)の両立について」の調査事業のアンケートがところ狭しと部屋のあちらこちらに。10月に一斉送付するための準備がすすんでいます。県内、どこかのご家庭にアンケートが行った時には、快くご協力お願いします。<hiro>
syorui 2.jpg
posted by ぴっぴ at 23:41 | Comment(0) | 事業:男女共同参画

2006年07月24日

“男性の仕事と家庭(家事・子育て等)の両立”についての調査事業

男女打合せ.jpg7月21日 今年度新しく取り組む「男女共同参画に関する研究調査事業」のキックオフミーティングをしました。
テーマは“男性の仕事と家庭(家事・子育て等)の両立”について。

この事業については、静岡文化芸術大学 文化政策学科の森俊太教授に調査に関する知識をご教示していただく代わりにぴっぴはフィールドを学生さんたちに提供するという形でお願いをし、お互いに高めあえるような、いわば大学との協働を展開していく予定です。

文芸大の講座室で学生さん達と机を並べてのミーティング。少し緊張しましたが、学生時代にもっどったような、新鮮な気持ちでした。身近なテーマだけに、「我が家ではね・・・」「そうそう」などの会話も。さて、さっそく宿題が出ています。がんばります。 やまねくん
posted by ぴっぴ at 13:43 | Comment(0) | 事業:男女共同参画