2017年06月19日

第1期ファミサポ講習会

子育て情報センター3階研修室にて6月5日(月)、ファミサポ講習会の開催が始まりました。ファミサポ講習会は子どもを預かる側の会員(浜松市では“まかせて会員“という名称)になるための講習会です。年に2回開催しており、24時間の講習を受講すると預かる会員になれます。

第1期ファミサポ講習会1

第1期ファミサポ講習会2

「しっかり講習を受けている人が預かってくれるから安心」というファミサポへの信頼を裏切らないためにも、24時間という講習への参加をお願いしています。そして、まかせて会員の活動は「子どもの命を預かる活動」ですから、必要とされる講習は受講して安心安全なサポートを行えるようにとセンターは考えています。傾向としてはここ数年、浜松市を含め全国的にまかせて会員になろうと思う方が減ってきているのが現状です。

現在、浜松市の会員の割合を見ると、まかせて会員は全体の4分の1以下という人数で、市内全体で不足しています。どのように講習会を開催したら受講者が増えるのか、センターでも日々検討を重ねています。ここ数年10時〜16時の講習を5日間という受講スケジュールで開催してきましたが、現在行っている講習では幼稚園や小学校にお子さんが通っている方も受講できるように午前中の受講で帰れるようにスケジュールを組みました。ですが、1日の受講時間を短くしたため、日数が10日間となり、その結果日数的な負担が出てしまいました。

日数が少ない方が良いか、1日の受講時間が短い方が良いか、みなさんはどう思われるでしょうか。今年度2回目の講習会は、1日の受講時間を10時〜16時に戻し、10月と11月というように月をまたいで開催することで、仕事をしている方でも休みを取りやすくしようという試みを考えています。

もし他に「こんな解決策がある」と、提案してくれる方がいたら、是非センターまでご連絡いただければと思います。来年度以降の受講スタイルも継続して考えていきますので、皆さんのご意見をお聞かせください。

また、ファミサポ講習会を受講してみたいと思われた方がいましたら、是非センターへお問い合わせください。

今回の講習会の受講者は少数精鋭で顔の見えるアットホームな雰囲気となりました。皆の参加動機を聞くと「人の役に立ちたい」「自分の時間を有意義に使いたい」という意気込みが感じられました。また、「自分も困っているからこそ、助けが必要な人の気持ちがわかる」という方もいて、こういう人と人とのつながりがファミサポを広げていくんだということを実感しました。今回受講を始めた皆さんはぜひ全講座を修了して、まかせて会員として活動して欲しいと思います。

ファミサポの活動は人と人との出会いの場でもあります。一人のお子さんのサポートを通じて「生活が充実した」と言ってくれるまかせて会員もいます。皆さんの貴重な時間を、まかせて会員として子育て支援に役立てみませんか。

(まる)

浜松市ファミリー・サポート・センター
TEL 053-457-2900
(受付は、祝日を除く月〜金曜日 9:00〜17:00)
E-Mail:famisapo@mild.ocn.ne.jp

posted by ぴっぴ at 10:00 | ファミリー・サポート・センター