2017年12月15日

「浜松ワクワク歴史マップ」について取材を受けました

浜松ワクワク歴史マップについて、朝日新聞の取材を受けました。
その様子が12月12日付朝刊に掲載されています。

20171212朝日新聞

<平成29年12月12日朝刊 朝日新聞社 承諾番号 17-6676>
※朝日新聞社に無断で転載することを禁じる

posted by ぴっぴ at 10:02 | 新聞・雑誌等の掲載

2017年12月13日

豊川市の女性限定がん検診

ピンクリボン

乳がん・子宮がんの検診を受けることは大切なこととわかっていても、さまざまな理由から受けていない人もいます。ぴっぴのパパママインタビュー「乳がん検診 受けていますか?(平成28年9月17日〜平成28年10月15日調べ)」では、乳がん検診を受けていない理由の上位は、「40歳以上が推奨されているので、まだその年齢ではないから」「妊娠中または授乳中だから」であり、その次に「費用が掛かるから」「検診内容や費用などがよくわからないから」「検査の時の子どもの預け先がないから」「忙しいから」と続きます。少数ではありましたが「恥ずかしいから」という意見もありました。

検診を受けない理由の「恥ずかしさ」は、「女性限定検診」というものを実施することで、解決方法のひとつとなるのかもしれません。

平成30年度より、豊川市では、女性限定がん検診の半日ドックを開始するそうです。検診の内容は、乳がん・子宮がんだけではなく、肺・胃・大腸もセットで受けられるようです。また今年度から、ワンコイン(500円)で受診できるがん検診の「ワンコインがん検診」も実施しています。

これを浜松市で実施するには、人口が豊川市の4倍以上もあるため、予算がかなりかかってしまいます。しかし、がん検診受診率向上のための取り組みとして、新しい手を打つことで注目され、受診する人が増えるのはうれしいことです。

病気に気が付いてから慌ててしまうより、病気を予防して、もしもかかったとしても早期で発見する、ということを、私たちひとりひとりが心掛けたいですね。

<参考>

ti_ganpro.gif

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:女性のがん検診

2017年12月12日

冊子「浜松ワクワク歴史マップ」が手に入る場所

11月20日より配布スタートした「浜松ワクワク歴史マップ」、掲載施設のみなさんや作成に協力いただいた方々からも、こども調査員の目のつけどころやカラフルなイラストが楽しいと好評いただいています。

浜松ワクワク歴史マップ

冊子が手に入る施設は現在、

  • 浜松市観光インフォメーションセンター(JR浜松駅構内)
  • 浜松市役所 1階観光情報コーナー
  • 浜松市内図書館24館
  • 歴史マップ掲載施設(受付など管理がある浜松城、犀が崖資料館、中村家住宅、龍潭寺、蜂前神社、気賀関所、浜松博物館、万葉の森公園、賀茂真淵記念館、スズキ歴史館、浜松まつり会館の11か所)
  • レンタルサイクル はままつペダル
  • 浜松駅北口バスターミナル

となっています。奥浜名湖や天竜の観光協会にも順次配架予定です。施設によっては、ラック設置ではなく受付で保管している場合もありますので、スタッフにご確認下さい。

各施設で在庫切れの場合は、PDF版をプリントしていただくか、ぴっぴ(053-457-3418)までお問合せください。

子どもたちの冬休みまであと少し。大河ドラマもいよいよ大詰めを迎えます。市外・県外の親戚やお友だちを浜松に誘って、歴史的名所を案内するのも楽しいですよ。

(makiko)
posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:子どもとつくる歴史マップ

2017年12月09日

聖隷クリストファー大学で「地域支援」について授業

12月4日(月)、聖隷クリストファー大学 社会福祉学部こども教育福祉学科で「地域支援」をテーマに授業を行いました。

クリストファー大学

この学科の学生たちは、社会福祉士の資格取得を目指していて、将来は子育て支援をしようと考えています。この前の授業で「浜松市子育て情報サイトぴっぴ」をいろいろ見て、ぴっぴや浜松市が行っている子育て関連の事業を調べたとのことで、当日はウォーミングアップ万端の状態で授業を受けていただきました。

ぴっぴは、浜松市が「子育てしやすいまち」になるために、さまざまな活動を行っています。その活動のひとつとして、浜松市子育て情報センター指定管理事業「浜松市ファミリー・サポート・センター(通称:ファミサポ)」の運営があります。

ファミサポは、地域支援が形になったものです。地域の人が会員登録をして、相互援助活動を行います。保護者の代わりに子どもを預かったり、園や学校・放課後児童会の送迎を行ったりします。「まかせて会員」になった人の中には、「自分が子育てしていた時に、周囲の人に助けられてうれしかったので、子どもの手が離れた今、その恩返しと思って活動を始めた」という人もいます。子育てが大変な時に、他の人の支えになるのは難しくても、一段落した時に、誰かの支えになってもらえれば、その連鎖がつながっていくことで、地域の支援が広がります。

事前の授業で、実際に浜松市でどのような子育て支援が行われているのかを調べ、この授業では、ファミサポやぴっぴの事業を一例として、地域の中のさまざまな課題をどのように解決しようとしているのかを伝えました。

学生たちは、その柔軟な頭と感性で、地域の課題を見つけ出し、自分たちにできる地域支援をカタチにしようとしていました。

講座風景

考えた支援をカタチにする段階になると、支援の仕組みや実施方法だけではなく、それを実践するためのさまざまな課題が出てきます。例えば、場所はどこでやるのか、運営の資金をどうするのか、スタッフを集められるのか…などです。これらをひとつひとつ解決して、学生生活と並行してなのか、社会に出て仕事としてなのかはわかりませんが、ぜひ実践に辿り着いてほしいです。そして実践したら、それを継続すること。継続することは簡単ではありません。支援を受ける人が、突然の支援打ち切りで困らないように、継続することも視野に入れておいてほしいと願います。

(わかば)
posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:その他

2017年12月08日

パパ・ママ&子どもたちが集合!取材スタッフ情報交換会

12月4日(月)、「子連れでおでかけ」の取材スタッフ情報交換会を実施しました。情報交換会は、メンバー同士の交流や記事作成のヒントが得られるよう、文章やカメラなどのスキルアップの講座とは別に年に2回ほど開催しています。

この日は、子育て情報センターに9人の取材スタッフとその子どもたちが集まりました。その中には生後3か月未満の赤ちゃんが、なんと3人も! 先輩ママたちの「わ〜かわいいねぇ〜」という声とともに、今まで以上のほっこりしたムードでスタートしました。

情報交換会

5月にスキルアップの講座で会ってから時間がたっていたため、まずはそれぞれの自己紹介から。ぴっぴの取材スタッフは同じ子育て世代とつながりができることに加え、地域のことに詳しくなれるので、転入してからすぐに参加してくれるママも多く、出身地もさまざまです。これから特集したいテーマについて情報交換する中では、転入したてのママならではの「浜松あるある」が飛び出し、地元出身や浜松歴の長いママたちはびっくり!な場面もありました。

情報交換会2

パパ特派員からは、二人目の出産に合わせて短期間の育休を取っているという話もあり、ママたちは興味津々の様子。また、現在ぴっぴのサイトでアンケートを実施している「産院選びのポイントは?」に関する意見も出し合い、生の声で情報交換ができる貴重な機会になりました。

2時間という限られた時間の中でも、途中先輩ママが赤ちゃんを抱っこしてメンバーのフォローをするなど、ママ・パパ・子どもたちの間でさまざまな交流が生まれます。2歳の元気な男の子たちも、大好きな車のおもちゃで遊びながら、一緒にママたちのお話が終わるのを待ってくれていました。「子連れでおでかけ」では、この子たちがグングン成長していく様子もみられるでしょう。

情報交換会3

日頃は個々での取材活動がメインの取材スタッフですが、参加後には「メンバーのことが身近になり、記事を読むのがいっそう楽しみになった」「忙しくてなかなか記事が書けないけど、みんなに会ってまたがんばろう!って思えた」などの声があり、実際に会って話すことの大切さを実感しました。

これから一段と寒さが厳しくなりますが、取材スタッフたちの気持ちはぐーんと熱くなったはず。ブログでは、冬ならではのおでかけ先紹介にも力を入れていきます。ぜひ参考にして、楽しい冬を過ごしてくださいね!

(makiko)
posted by ぴっぴ at 09:11 | 取材ママ・パパ特派員の活動

2017年12月04日

フォローアップ講習会(その3)

11月27日(月)子育て情報センターで、ファミリーサポートセンターのフォローアップ講習会を開催しました。

フォローアップ講習会は、サポートをする側の会員「まかせて・どっちも会員」がサポートのために必要な実践的な知識を学ぶ講習です。登録して1・2年目の方が受講する講習なので、今回は、平成29年の6月・11月に登録されたまかせて・どっちも会員が参加しました。

フォローアップ講習会1

フォローアップ講習会では、サポートについて具体的な事例をもとに参加者同士で考える場面も多くあります。

9:30〜16:30の1日講習でしたが、皆さん最後までグループワークも積極的に意見を出し合っていました。

フォローアップ講習会2

受講後のアンケートでは、全員の方がこの講習について「役立つ」と回答。「具体的で勉強になった」「再確認できたことで心にゆとりがもてるようになった」など多くの感想がありました。

フォローアップ講習会3

今回が今年度最後のフォローアップ講習となりました。残念ながら参加できなかった方もいらっしゃいますが、登録1年目のまかせて・どっちも会員の方は、来年度のフォローアップ講習を受講することができます。

開催日程は、来年度の会報や、子育て情報サイトぴっぴ内のファミサポのページで決まり次第お知らせいたしますので、ぜひ日程を調整いただき、ご参加ください。

(そら)

おねがい会員の「土曜出張登録会」開催します!

平成30年2月3日(土)10:00〜12:00、三方原協働センター2F和室にて「おねがい会員土曜出張登録会」を開催します。

おねがい会員への登録は、小学校6年生までの子どもがいる方が対象です。(妊娠中の方でも登録ができます。)

新年度に近い時期に開催しますので、4月から子どもの送迎や預かりのサポートを頼みたいという方やサポートが必要になるかもしれないという方はぜひご登録ください。

また、平日にはなかなか登録へ行けないという方や、開催場所から近い方もぜひこの機会にご参加ください。申込は12月18日(月)より開始します。

詳しくは広報はままつ12月号や子育て情報サイトぴっぴにてお知らせいたしますのでご覧ください。

お申込み・お問合せ

浜松市ファミリー・サポート・センター
TEL 053-457-2900
(受付は、祝日を除く月〜金曜日 9:00〜17:00)

ファミサポについてはこちら

ファミリー・サポート・センター

posted by ぴっぴ at 15:20 | ファミリー・サポート・センター