2017年10月31日

新米パパ、真剣のちニコニコ!お弁当デビュー交流会

10月21日(土)、東部協働センターで「新米パパのお弁当デビュー交流会」を開催しました。

この講座は「パパも料理をしよう!」と、男性の家事参画をすすめるためのものではありません。互いに協力しながら子どものお弁当作りをするなかで、子育て家庭同士交流することが目的です。そして、仕事も家事も子育ても!と、いわゆるイクメンプレッシャーに晒されがちなパパたちに、「いろんなスタンスでの子育てがあっていいんだ!」と、少しだけ気持ちを楽に、子育てをもっと楽しむきっかけにして貰えたら…と企画しました。

講座の始めは緊張ぎみだったパパたちも、ママを含めた互いの自己紹介から始めると、和気あいあいとにぎやかになっていきました。

新米パパのお弁当デビュー交流会1

子どものためのお弁当は、小さい容器の中に多種類のおかずを詰めるなど、なかなか細かい作業です。さらに、どのパパもひとり1本卵焼きを焼く、というミッションが!

卵焼きを焼くのは初めてというパパは、講師・加藤友季子さんの実演を見た後、真剣な表情でトライしていました。でも、どのパパの卵焼きもおいしそうでしたよ。

新米パパのお弁当デビュー交流会2

新米パパのお弁当デビュー交流会3

そんなパパたちに、ある時は優しく、ある時は厳しい(?)視線を向けながら、器具を揃えたりお皿を洗ったりとサポートしてくれたのは、一緒に参加したママたち。「ついつい(パパのやり方に)口や手を出しちゃう」と苦笑いするママもいましたが、各家庭いろいろな形の協力のあり方を見て、ヒントが得られたのではないでしょうか。

無事にお弁当箱を詰め終えたパパたち、皆さんいい笑顔でした。

新米パパのお弁当デビュー交流会4

開催後のアンケートで一番多かった感想は「他のお父さんたちと交流できてよかった」というものでした。パパが子育てにかかわるのはごく当たり前のこととなってきましたが、それだからこそ「このやり方でいいのかな?」という疑問や悩みも増えるのでしょう。そんなときは、パパも気楽に子育ての話ができる仲間を見つけるといいですよ。

「父親と母親のための子育て教室」は、そうした機会を提供する場のひとつです。タイトルに「新米パパの〜」とついていなくても、毎回、パパたちの参加は大歓迎です。次回の開催にご期待ください。


平成29年10月22日 静岡新聞に掲載されました。

20171022静岡新聞掲載

<静岡新聞社掲載許諾済>


◎この講座の内容を踏まえた特集記事が近日中に「浜松市子育て情報サイトぴっぴ」内「パパの出番!」枠で掲載されます。ご期待ください。

<パパの出番!過去記事>

posted by ぴっぴ at 08:00 | 事業:子育て教室

2017年10月26日

がん検診の無料クーポン、利用しないともったいない! 後編

ぴっぴスタッフのmiwaです。女性のみなさん、乳がん検診を受けたいと思っても、「痛そう」「恥ずかしい」「どんな検査をするの?」など、不安要素がいっぱいで受診をためらってしまっていませんか? でも、一度受診してみると案外心配したほどではなかったですよ!

前回のブログでは、無料クーポンなど浜松市のがん検診制度について紹介しましたが、今回は、実際に受診した体験をお伝えします。

自分に合った病院を探そう

検診を受けよう!と思ったら、まずどこの病院で受けるかを決める必要があります。「家から近いところがいい」「いつも通っている病院が安心」「女性のスタッフに対応してほしい」など、選ぶ基準や優先順位は人それぞれ違います。自分が希望する検診が受けられる病院を探しましょう。友人などからの口コミ情報も役立ちますね。

私は、自宅から近く、友人から勧められた総合病院に決めました。今回、浜松市の受診券を使って複数のがん検診を受ける予定だったので、一日ですべてを受診できるというところも、総合病院を選んだ理由のひとつです。

検診の予約は簡単!

検診を受ける病院を決めたら、電話やインターネットで簡単に予約することができます。(予約方法は病院によって異なります)

また、私が選んだ病院の場合、予約の段階で「視触診検査(医師が乳房にしこりや変形、陥没、分泌物がないかを触ってチェックする検査)を実施しますか?」と聞いてくれました。電話の対応で、その病院の方針や雰囲気がわかる場合があります。もしも不安なことや気になることがあったら、予約の時点でいろいろ聞いてみることをおすすめします。

後日、検診の案内と問診票が自宅に届きました。

浜松市の検診制度を利用した乳がん検診に必要な持ち物は、

  • 問診票
  • 病院の診察券(持っている場合)
  • 浜松市無料クーポンまたはがん検診受診券
  • 保険証
  • 健康手帳

です。問診票に必要事項を記入し、いざ病院へ!

マンモグラフィー検査はどんな検査?

medical_nyugan.png浜松市が推奨している乳がん検診は、40歳以上女性を対象とした「マンモグラフィー検査」です。これは、乳房専用のレントゲン検査で、放射線の量が少なく、安全に乳がんの検出ができます。

プラスチックの板で乳房をはさみ、上下・左右の2方向を右胸と左胸、合計4枚撮影します。(50歳以上は1方向、合計2枚)

検査室では、女性のレントゲン技師が優しく、でも素早く、立ち位置や体の角度などを指示してくれました。

この検査は何度体験しても、胸をはさむ瞬間、緊張してしまいますが、撮影時間はほんの数秒です。レントゲン技師が、テキパキと動きながらもリラックスできる声かけをしてくれるので、検査はあっという間に終わりました。乳房の大きさに関係なく、乳腺の柔らかさや脂肪のつき方によって痛みは個人差があるようですが、病気になった時の痛みを思えば、我慢できないものではないと思います!

それでもやっぱり痛いのは嫌ですよね。より痛みを軽減する対策としては、胸が張りやすい月経前の受診を避けること、技師にすべてをおまかせして力を抜くこと…などでしょうか。定期的に受診していると少しずつコツが掴めてきますよ。

健康な今こそ乳がん検診を受けよう

マンモグラフィー検診の結果は、後日お知らせが届きます。悪性の可能性がある場合は、その後精密検査を行います。その結果、乳がんが見つかったとしても、早期発見すれば治る病気です。また早期治療は、進行した乳がんの治療に比べ費用負担も少なく済みます。

今健康だと思っている人こそ、ぜひ乳がん検診を受けましょう!

(miwa)

ti_ganpro.gif

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:女性のがん検診

2017年10月20日

静岡県教職員組合主催 母と女性教職員の会に参加

10月14日(土)、静岡県男女共同参画センターあざれあで「母と女性教職員の会静岡県集会」がありました。昨年に引き続き、分科会の協力者という立場で参加の依頼を受け、今年は「地域や社会との関わり(小学校)」の分科会配属でした。

母と女性教職員の会静岡県集会

思い起こせば、昨年は浜松市のクリエイトでしたが、雨でした!激しく降っていた記憶がありますが、今年もまた雨。この時期は天候が良くないのでしょうか。

午前中は、全大会で基調提案があり、講演会。演者はワークライフ・バランス、イクメンの名付け親である渥美由喜さん(東レ経営研究所、内閣府地域働き方改革支援チーム委員)でした。テーマは「育児も仕事も充実させる生き方〜ワーク・ライフ・バランスのすすめ〜」です。

この数年、渥美さんは企業、団体等のイベントであちらこちらでお目にかかるほどの存在でありますが、改めてお話を聞くとまた、関心が深くなります。

実父は認知症、お子さんは小児がんを患ったことがあり、夫婦共働き家庭。

自分の生い立ちから今に至るまでのお話を聞くと両親など周囲の人々からの影響やその生育環境の影響からなのか、人は、他の人に支えられ、影響を受けて生きているのだと強く感じます。

職業人、家庭人、地域人としての視点からのワーク・ライフ・バランスの意味や取組の意義について、そして、ワーク・ライフ・バランスの頭文字3文字「ワ・ラ・バ」は、「わかちあい、らくありくあり、バトンリレー」の頭文字でもあるなど、ユーモアを交えながらの講演でした。

午後からは分科会。県内各地から集まった教師、保護者が一同に9つの分科会に分かれて話し合います。

「地域や社会との関わり(小学校)」第1分科会では、静岡市の中でも山間にある小規模校から来られた元保護者が放課後の子ども教室のサポーターとなったことから感じたことを事例として発表し、話が進められていきました。

自分の子どもや他の子どもと触れ合う中で、わが子の見えない部分を見ることができ、他の子の良さも発見してお互い接しているうちに連帯感が生まれてきたというお話でした。

このサポーターは、学童保育とは別で資格がなくてもなれ、下校時までのわずかな時間を見守る役割です。

最近は、こうした中でも働く親が増え、人手不足という課題もありますが、子どもが大きくなった今もサポーターとして参加し、地域人として子どもたちを長く見守る役割はたいせつだと語ってくれました。

この話を受けて、参加者が「うちの学校では・・・」とグループで話し合いがありました。最後に協力者として会の提案者と参加者の話合い全体の意見を話させていただきました。都会の大規模校ほど疎遠になる人との結びつきが小規模校では、こうして継続されています。参加者から、どうしたらこんなふうにできるのだろうかという問いかけもありました。規模に関わらず、ひとりの子どもにたくさんの大人の目がいくこと、つまり目をかけることにより、子どもが健やかに育ち、地域が育っていくのだとこの場でみなが感じた気がしました。かつて2040年までに間に消滅可能性都市が896自治体となるだろうと増田元総務相が衝撃的な話をされました。しかし、このような地域で育つ子どもたちは、やがて巣立つかもしれませんが、必ず元の巣に帰ってくれるでしょう。

(Hiro)
posted by ぴっぴ at 13:01 | 事業:その他

2017年10月19日

乳がん患者さんを温泉に招待「家族で湯ったりキャンペーン」

温泉

秋が深まり、朝夕肌寒く感じるようになりました。そろそろ温泉が恋しい季節がやって来ますね。

ですが、乳がん手術を受けた(傷跡のある)方にとっては、公共の温泉に行くということがハードルに感じられるかもしれません。

いま、「家族で湯ったりキャンペーン」として、乳がん手術を受けた方やその家族に、抽選で温泉宿泊の招待券をプレゼントするキャンペーン企画が実施中されています。宿泊先は「ピンクリボン温泉ネットワーク」に参加する全国の温泉宿泊施設の中から10の施設。「ピンクリボン温泉ネットワーク」は、乳がん手術を受けた方々が人目を気にせず入浴が楽しめるようにと、認定NPO法人J.POSHがすすめている取り組みで、乳がん患者さんが専用入浴着を着用して大浴場を利用することに積極的な施設(温泉地・温泉施設)の全国ネットワークです。残念ながら浜松には加盟施設はまだ無いようですが、これから現れることを期待したいですね。

「家族で湯ったりキャンペーン」の応募締切りは2017年11月10日です。
下記応募サイトから応募用紙をダウンロードして、認定NPO法人J.POSHまでお申し込みください。

(midori)

ti_ganpro.gif

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:女性のがん検診

2017年10月12日

乳がんだからといって、温泉に行けないことはない

ぴっぴのニュースクローズアップ

毎年10月は、『ピンクリボン月間』です。

現在、日本人女性の16人に1人が乳がんにかかると言われています。また、「乳がん」は、いろいろな「がん」の中でも、日本女性がかかる割合が一番高く、年々増加をしています。40〜50代の女性が多いようですが、乳がんにかかる年代が徐々に若くなってきているのも事実です。誰もが「若いから大丈夫」「閉経したから関係ない」と言い切ることはできません。また、乳がんにかかり治療した後の体の傷に悩む人も少なくありません。

『入浴着』を使う

乳がんの治療を受け、手術痕で温泉に行くことがためらわれるという方もいます。このような方のために、身につけるのが『入浴着』や『バスタイムカバー』といわれるもので、厚生労働省「浴場業の振興指針」などで公共性が認められているものです。作っているメーカーなどにより名前や形状は違い、キャミソールのような形のものなどが多いです。

「入浴着」の使用を認めていない施設では、普段の温泉施設では、衛生管理のためにタオルを湯船につけることを禁止していることや、「入浴着」がどのようなものかが浸透していないことから、入浴着使用許可に踏み切れずにいるところもあることが、今回調査してみてわかりました。

温泉を楽しみたいのは皆同じ。今後さらに「入浴着使用」への理解が進むことを期待します。

浜松市内の温泉施設で入浴着を使用できる施設一覧

浜松市内の温泉施設で入浴着の使用ができ、情報提供の許可が取れた施設は、下記の通りです。

一般浴場で入浴着を使用できる施設
hyou1-1.png

一般大浴場では使用不可だが、貸切風呂・露天風呂付特別室等では使用可の施設
hyou2.jpg

※平成29年8月、ぴっぴ調べ。掲載許可が得られたところを掲載しています。

※貸切風呂・露天風呂付特別室等は、別途料金が発生し、利用時間制限や、予約が必要なところがあります。各施設にお問合せください。
※入浴着を使用することを、フロントなどであらかじめ伝えておくと、他のお客様とのトラブル防止になります。
※上記に掲載されていない温泉施設でも、入浴着使用が認められているところもありますので、掲載されていない施設で入浴着を使用できるかどうかは、各施設にお問合せください。

入浴着使用はユニバーサルの視点で

時には温泉で、ゆったりと羽を伸ばしたいと願う気持ちは、みな同じです。

誰もが気兼ねなく、温泉を楽しむために提案したいのは、「入浴着について温泉施設を利用する多くの方に知ってもらうため、県や市、温泉観光協会などで、啓発ポスターを作成し、温泉施設に掲示する。」ということです。

ぴっぴでは2010年から、子育て世代の女性に向けて、乳がん検診・子宮がん検診受診の啓発活動を行っています。女性の皆さんは、検診を受けていますか?男性の皆さんは、自分の周りの女性に検診をすすめていますか?


子どもたちや家族に悲しい思いをさせないために、まずは検診の予約をしませんか?

posted by ぴっぴ at 09:00 | ぴっぴのニュースクローズアップ

2017年10月07日

スキルアップ講習会(その3)

9月14日(木)と9月16日(土)、子育て情報センターにて平成29年度のスキルアップ講習会(第4回と第5回)を開催しました。

スキルアップ講習会は「まかせて会員・どっちも会員」の方を対象とした講習会です。安心してサポートが行えるように年1回受講してスキルアップするとともに、センターや会員同士顔を合わせて交流を深め、情報交換を行う場としても大切な機会となっています。

第4回は「絵本の読み聞かせとわらべうた」というテーマで開催しました。静岡県読書アドバイザーの小木野依津子氏を講師に迎え、絵本の読み聞かせの魅力やわらべうたを紹介していただきました。

スキルアップ講習会1

絵本は読み聞かせ方によって子どもの楽しみ方も違います。アンケートからは、「楽しかった。実践してみたい。」「今後のサポートに役立てたい」などの他、様々な感想がありました。

また、ファミサポではサポートを行うために、お金をかけずに楽しめる工夫をお勧めしています。その中でも絵本は図書館を利用することで楽しめるものの一つです。今回もおすすめの絵本を紹介していただきましたので、絵本選びの参考にしてもらいたいと思います。

スキルアップ講習会2

スキルアップ講習会3

第5回は「みんなどうしてる?サポートのしくみと疑問・質問」と題してセンターからサポートや料金計算についての説明を行いました。また、会員同士でサポートについて話し合い、サポートについての疑問・質問を解決するためのグループワークも行いました。

スキルアップ講習会4

サポートはまかせて・どっちも会員が個人で行いますので、活動を行っていくと疑問に思うことも多いと思います。アンケートでは「サポートの仕組みについて再確認できた。」「他の会員の話が聞けて良かった。」など、講習会の内容について役に立ったとの回答が多くありましたが、中には「土曜日の開催だったため参加できた。」という開催日への評価もいただきました。

スキルアップ講習会では講師の講義だけでなく、サポートに必要な最新の連絡事項お伝えしております。ファミサポも少しずつではありますが、年々サポートに対する注意事項やルールが変わることがあります。「知らなかった。」ということがないように、活動を続けて欲しいと思います。センターとしても皆さんが参加しやすい講習会を目指して開催していきますので、よろしくお願いします。

(そら、まる)

『ファミサポ講習会』のお知らせ

10月4日(水)・13日(金)・18日(水)・23日(月)、11月6日(月)の5日間でファミサポ講習会(まかせて・どっちも会員に登録するための講習会)を開催します。開催間近となってきておりますが、席はまだ少し空いております。ファミサポのまかせて会員・どっちも会員になってみたい!という方は、ぜひお問合せ・お申込ください。

お申し込み・お問い合わせ

浜松市ファミリー・サポート・センター
TEL 053-457-2900
(受付は、祝日を除く月〜金曜日 9:00〜17:00)
E-Mail:famisapo@mild.ocn.ne.jp

posted by ぴっぴ at 09:00 | ファミリー・サポート・センター

2017年10月05日

がん検診の無料クーポン、利用しないともったいない! 前編

ぴっぴスタッフのmiwaです。みなさん、がん検診を定期的に受けていますか?

私は40歳になって乳がん検診の無料クーポンを受け取ってから、毎年必ず受診するようにしています。初めてのがん検診は不安ですが、無料で受診できるとなれば、まずは費用の心配をしなくて済みます。無料クーポンは、利用しないともったいないですよ! お手元に届いたら、それをきっかけに定期的な検診を始めましょう。

平成29年度の無料クーポンはいつ、どんな人に発送されたの?

平成29年度発行の無料クーポンは、以下の年齢の方へ、6月頃に発送されています。

  • 子宮頸がん検診…20歳
  • 乳がん検診…40歳

※平成29年4月1日時点の年齢
※利用期限は、平成30年2月28日まで
※内容は年度ごとに変更する場合があります

年齢によって検診費用の補助を受けられる“がん検診受診券”

がん検診費用の一部補助を受けることができる「がん検診受診券(ハガキ)」も利用することができます。

私は初めて病院で健康診断の予約をした際に「がん検診受診券をお持ちですか?」と聞かれ、手元になかったので区役所へもらいに行きました。

下の画像(ハガキ)は、平成29年度の40歳以上偶数年齢女性用の受診券です。

浜松市がん検診受診券

子宮頸がんは、年1回1,700円(対象:20歳以上)、乳がん検診は2年に1回1,600円(対象:40歳以上偶数年齢)で受診できます。また、肺がん、大腸がん、胃がんなどの検診も費用の一部補助があります(対象年齢は検診ごとに異なります)。

がん検診受診券は、浜松市国民健康保険に加入している方(男性35〜64歳、女性20〜64歳)と65歳以上の方を対象に郵送されます(3月末頃〜)。その対象にない場合でも、浜松市民であれば、希望すれば発行してもらえますし、一度発行の手続きを行うと、次の年からは自動で郵送されます。詳しくは、各区健康づくり課へお問い合せください。

勤め先で受診の機会がない、専業主婦でどのように受診したらよいのかわからない、そんな不安を抱えている方は、「無料クーポン」や「がん検診受診券」など、浜松市の検診制度を利用して、定期的に検診を受ける機会を作ってはいかがですか?

もしかすると、パートナーの職場で検診の制度があるかもしれません。費用の負担が少なければ、不安も大きく軽減しますよね。ぜひ、確認してみてください。

検診は年度末に近づくほど混雑。早めの予約を

年度末に近づくと、混みあって検診の予約が取りづらくなります。

私は今年の検診は早めにと思い、8月に病院へ電話をしましたが、予約が取れたのは2か月先でした。乳がん以外のがん検診も同日に予約したことも理由のひとつかもしれません。「胃がん検診の内容をバリウムから胃カメラに変更するともっと先の日程になる」とも言われました。

病院によって差があるとは思いますが、早めに予約することをおすすめします。

次回は「がん検診の無料クーポン、利用しないともったいない! 後編」にて、実際に乳がん検診を受診した体験をご紹介します。

(miwa)

ti_ganpro.gif

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:女性のがん検診