2016年11月28日

ファミサポ フォローアップ講習会(11/22)

11月22日(火)、浜松市子育て情報センターにて、今年度2回目のフォローアップ講習会を開催しました。このフォローアップ講習会は、まかせて会員になるためのファミサポ講習会を修了して、新規登録したばかりのまかせて・どっちも会員が受講する講習会です。
famisapo1122-1.JPG
講習は実際にサポートを行うことを想定した内容となっています。サポートを引き受けてから、サポートを終了するまでに必要な知識を得ることが、サポートを安全に行うことにつながります。受講した方は講習会の内容を活かして、安心・安全なサポートをおこなってください。
famisapo1122-2.JPG
ファミサポは子どもとまかせて会員と1対1でのサポートになる為、サポートを行う会員同士話し合う機会がありません。講習会に参加することは会員同士が会う数少ない機会になりますから、情報交換や交流のきっかけになります。今回の参加者からも「会員同士話したことで、参考になることが多かった」という声を聞くことができました。来年度からは年に1回スキルアップ講習会に参加してサポートを行う知識を得るだけではなく、活動の中で感じる疑問や感動を共有していって欲しいと思います。
famisapo1122-3.JPG

平成28年度のフォローアップ講習会はこれで終了です。来年度受講のチャンスがある方は、是非参加してください。
(まる)

※平成29年2月18日(土)10:00〜12:00北部協働センターにて、おねがい会員の「土曜出張登録会」を行う予定です。
おねがい会員への登録は、小学6年生までの子どもがいる方が対象です(妊娠中でも登録できます)。
なかなか平日に時間が取れず、ファミサポの入会ができないという方、現在利用の予定がなくても登録できます。

詳細が決まりましたら「浜松市子育て情報センター ぴっぴ」や広報はままつ1月号にてお知らせします。
【問い合わせ】
浜松市ファミリー・サポート・センター
TEL 053-457-2900(受付は、祝日を除く月〜金曜日 9:00〜17:00)
位置情報ファミサポについてはこちら
http://www.hamamatsu-pippi.net/bunya/famisapo/
posted by ぴっぴ at 22:27 | ファミリー・サポート・センター

2016年11月21日

天竜区出張マザーズコーナー

11月15日(火)、天竜保健福祉センターにて出張マザーズコーナーを開催しました。参加者は少人数で、アットホームな雰囲気での開催となりました。
この出張マザーズコーナーでは、子育て情報センター、ハローワーク浜松、ファミリーサポートセンターが各区に出張して子育てをしながら就労したい方が知っておきたいこと、考えておきたいことを知ることができる場として開催しています。希望者には個別相談も行っています。また、無料の託児があるので、集中して話を聞くことができます。
tenryuku1.JPG
一度離職した方はこれから働くのか、また、育休中の方は復帰後の生活をどうするのか考えていることでしょう。子育てをしていると幾度となく迷うことがあります。この先どんなライフイベントが待っているか、予定を立てて何から決めていくか考えることが必要になってきます。このマザーズコーナーに参加して得たことを、皆さんの選択肢の道しるべにしてください。
tenryuku2.JPG
今年度の出張マザーズコーナーはこれで終了となります。今後もハローワーク浜松(マザーズコーナー)、浜松市子育て情報センター、浜松市ファミリー・サポート・センターは子育てをしながら働きたいというお母さんたちを応援しています!

位置情報これまでの出張マザーズコーナーの様子はこちらから↓
http://blog.hamamatsu-pippi.net/category/377499-1.html
(まる)
posted by ぴっぴ at 11:34 | 事業:出張マザーズコーナー

2016年11月17日

サンフェスの核心!パネルディスカッションにGO

メインイメージザ・サンフェスの開催まで、いよいよ、あと4日となりました!このフェスのテーマを語る、最もコアなイベントについて紹介します。

「パネルディスカッション 浜松・子育て支援・みらい会議〜ぱぱまま支援〜」(13:30〜15:30開催)。

これは、浜松で子育て支援に携わる方々をパネリストとして招き、今浜松市内で行われている子育て支援について語り合うという、貴重な場なのです。

コーディネーターの菊地栄さんは、当日午前開催の講演会「つくる!安産レシピ〜選ぼう。自分のスタイル〜」講師。ザ・サンフェスのために、お住まいの八ヶ岳からお招きしました。また、パネリストには、浜松の子育て支援の現場を熟知した方々が登壇します。

子育て中の今だからこそ、今私たちのために行われている子育て支援について、本当のところを知ってみませんか?今まで「どうして?」と思っていた疑問が氷解したり、「私もそう思う!」と共感したりすることが、きっとありますよ!

お子様連れの参加、もちろん大歓迎です。


<開催内容>

パネルディスカッション「浜松・子育て支援・みらい会議〜ぱぱまま支援〜」

対象:妊婦したい方・妊婦さん及びその家族や支援者、出産直後の方及びその家族や支援者、育児中の方及びその家族や支援者

時間13301530

コーディネーター:菊地栄 氏

パネリスト:大村美智代 氏(マザーリングラボ代表)

      長谷美智代 氏(はぐみな第二保育園園長)

      未定(浜松市子育て支援課)

      原田博子 氏(NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ理事長)

会場:東部保健福祉センター

(浜松市南区青屋町300 いきいきプラザ天竜川2階)

※駐車代:無料(約120台)

◎お申し込み 座席準備の都合上、事前にお申し込みいただければ有難いです。

下記リンクの申し込みフォーム、またはぴっぴまでお電話で!(053-457-3418

★当日参加できる遊びのコ―ナ―や、協賛企業によるサンプル商品配布(無くなり次第終了)、ユニークな賞品が当たるスタンプラリーなども開催します!パネルディスカッションの前後にお楽しみください。


「ザ・サンフェス」の詳細は、こちら
ザ・サンフェス
posted by ぴっぴ at 08:00 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年11月16日

スタンプ5個以上集めてプレゼントゲットしよう!

11月21日(月)に開催する「ザ・サンフェス」では、講演会、パネルディスカッション、様々な企業・団体協力による「情報提供コーナー」、大学生ボランティアによる「遊びルーム」、健康相談コーナー、自動車文庫よむに〜号…など、参加体験型の催しが満載です。

スタンプラリー

そして、スタンプラリーも行うことになりました。

各コーナーに参加して、スタンプを5つ以上集めて、応募すると、抽選で4名様に、いざという時に役立つ『つながる支援パック』が当たります。

午前10時15分から始まるオープニングセレモニーから、午後3時30分まで、楽しんでもらえるよう、たくさんの企画を用意しています。各コーナーに参加して、スタンプを集めてくださいね!!


「ザ・サンフェス」の詳細は、こちら
ザ・サンフェス

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年11月14日

子どもの身長・体重測定と健康相談

初めての子育ての場合は特に、子どもの成長のことや、女性の体のことなどで、不安になることがたくさんありますよね。誰だって、子どもの成長と共に、母親として、父親として成長していくのですから、不安があっても当たり前です。

soudan.png

11月21日(月)に開催する「ザ・サンフェス」では、そんなちょっとした不安や悩みを抱えている人が相談できるコーナーを設置してお待ちしております。

「健康相談コーナー」では、気軽にお子さんの身長・体重を測定できますし、浜松市の保健師さんに、子どもの成長・発達についてや、妊産婦さんの体の悩みなど個別相談ができます。

当日午前10時から、健康相談室前にて、予約受付を開始しますので、個別相談をご希望の方はまずは当日予約をしてくださいね。

個別相談ではなく、もっと気軽に相談がしたいという場合は、「情報提供コーナー」に、各企業・団体から栄養士や薬剤師・看護師・助産師など、さまざまな専門家も来ていますので、そちらをご利用いただくこともできます。

「ザ・サンフェス」は、「浜松で妊娠から育児中までの切れ目のない支援を行政と民間で力を合わせて実践」し、多くの方に知ってもらうために開催します。悩みや不安を抱えていないで、頼れる人や場が浜松にはたくさんあるので、上手に利用してくださいね。

「ザ・サンフェス」の詳細は、こちら
ザ・サンフェス

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年11月12日

「ザ・サンフェス」お弁当の出店先が決まりました!!

ザ・サンフェスの最初に作成したチラシでは、お弁当販売について「調整中」という状況でしたが、ついに決まりました!

「いもねこショップ」という2011年にオープンした浜松市内の福祉事業所のお店です。

先月、いもねこショップの商品の中でも人気のある「いもねこのあしあと」というクッキーが、「静岡県授産品コンクールグランプリ(県知事賞)」を受賞したそうです。

imoneko_mark.jpg imoneko_cookie.jpg

もちろん、「ザ・サンフェス」当日は、軽食以外に、クッキーも売っていますので、気になる方は、チェックしてくださいね。

お弁当のメニューは、

  • やきそば  390円
  • サンドイッチ390円
  • クッキー  190円〜
  • ドリンク  80円〜 …となっております。

「ザ・サンフェス」の会場は、午前9時30分に開場します。開場と同時に、1階の入口に出店していますので、2階に上がる前に購入予約をして、お昼前に引き換えとなる予定です。

お弁当を持って歩かなくてよいし、当日予約だから、買えなくなることを心配しなくてもよいので安心ですね。

お昼以降は、売り切れ次第終了となりますので、お早めにご利用ください!!

なお、会場周辺には、コンビニ、会場近くの「天竜川駅」周辺にはスーパーなどもありますが、ぜひいもねこショップをご利用ください。もちろん飲食スペースとして、1階の共有スペースや2階に1部屋(機能訓練室)を確保しておりますので、1日楽しんでください。

「ザ・サンフェス」の詳細は、こちら
ザ・サンフェス

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年11月11日

12/3(土)女性限定のがん検診へ行こう!

今年、乳がん検診、子宮頸がん検診を受診されましたか?

乳がん検診検診を受けた方が良いのはわかっていても、「平日なかなか検診に行く時間が作れない!」「平日に子どもを預けられない!」などの理由で、検診から足が遠のいている人が多いようです。

聖隷予防検診センターでは、休日なら家族に預けて時間がとれるというママさんやワーキングマザーのみなさんのために、女性限定のレディスデーを設けています。今年度は残り2回、2016年12月3日(土)と2017年2月4日(土)の実施となります。ぜひこの機会に検診を受けてくださいね。

詳しくは、聖隷予防検診センターまでお問い合わせください。

ti_ganpro.gif

posted by ぴっぴ at 12:36 | 事業:女性のがん検診

2016年11月10日

情報提供コーナーについて紹介します。

この度のザ・サンフェスでは、多くの子育て関連企業、団体に関わっていただくことになりました。そこで、商品に関する相談や各企業がお薦めの商品サンプルを配布していただきます。また、体験コーナーとしてメイク、骨密度チェック、妊婦体験、防災講座等など盛りだくさんのコーナーが設けられています。

こちらでは、各企業、団体の想いがそれぞれ明確になる場となります。

企業商品や団体の情報提供を受けて、各企業の商品とお子さん、保護者の方々の相性などつきあわせながら、今後の商品選択はもとより、子育ての参考になれば幸いです。

  1. (株)杏林堂薬局
    「ヘルス&ビューティーの専門性」を主に県内各地にチェーン店を持つドラッグストアです。子連れで買い物するには厳しい家庭にはネットスーパーも利用でき子育て世代にも優しい企業です。今回は、誰もが気になる骨密度や貧血のチェックをしてくれます。

  2. (株)明治
    キューブタイプの粉ミルクは、(株)明治だけです。持ち運びやすいため、外出にもとても便利です。今回は、フォローアップミルクを使った簡単レシピの紹介もしてもらえます。

  3. アイクレオ(株)
    母乳成分に近づけ、原料にもこだわるあかちゃんのバランスミルクを扱うあのお菓子のグリコのグループ会社です。ママの場合、母乳、または生理などで鉄分は不足しがち。そこで、鉄分を補う鉄分飲料も紹介してもらえます。

  4. ユニ・チャーム(株)
    マスクや生理用品などでもよくCMで見かけますが、今回はあかちゃんのオムツの話が中心です。赤ちゃんのおむつ・おしりについて、例えば、正しいおむつのつけ方や選び方など担当の方がレクチャーしてくれます。

  5. 杏林製薬(株)
    簡単消毒、洗浄剤で有名なMiltonの会社です。乳幼児用のグッズの洗浄と消毒がなぜ必要か、どんな消毒や洗浄で良いのかをおしえてもらえます。

  6. 大王製紙(株)
    総合製紙メーカーとして有名ですね。赤ちゃん用消臭パンツ(オムツ)が人気で、「消臭実験」を行い、消臭効果を参加者と一緒に確認するなどの催しを行います。もちろん、赤ちゃんのおむつの悩みなどもご相談ください。

  7. 雪印ビーンスターク(株)
    50年以上前から母乳研究を行っており、「赤ちゃん研究」は有名です。今回は妊娠期のサプリメントから粉ミルクやベビーフード等の他、妊産婦向けの商品の紹介があります。

  8. 森永乳業(株)
    栄養・育児用品として、今回は育児用・幼児用ミルクや幼児用栄養補助食品等についての紹介と専属栄養士による育児相談を行います。

  9. 花王ソフィーナ
    家事、育児などで忙しいママもスキンケアやおしゃれは悪いことではありません。ただし、時間が勝負になることは考えられます。時短メーク(アイシャドウ)の技をおしえてもらえます。

  10. 資生堂ジャパン(株)
    口紅があかちゃんにつくのは困るというママに最適の口紅もあるそうです。スキンケアでは忙しいママを応援する「時短コスメ」、ママも赤ちゃんも一緒に使える「全身うるおいミルク」や新商品のメークをそれぞれ体感&紹介してもらえます。

  11. ゼリア新工業(株)
    コンドロイチンのCMで最近お目にかかることが多いですね。今回は、月経前のイライラや気分変調、ママの育児ストレス疲れの対処法について説明と共に薬の上手な使用についてお話してくれます。

  12. 浜松市助産師会
    胎児人形展示し、おなかの中のあかちゃんの様子を教えてもらえるほか、妊婦体験もできます。また、市内の助産院がわかるマップ展示も。

  13. 静岡医療科学専門大学校
    助産師養成の専門学校の学生たちによる防災講座が受けられます。簡易オムツや離乳食の作り方など産後の母子を対象とした災害時にきっと役立つ内容です。

「ザ・サンフェス」の詳細は、こちら
ザ・サンフェス

posted by ぴっぴ at 14:04 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年11月09日

ザ・サンフェスに、よむに〜号がやって来る!

皆さんは、「よむに〜号」を知っていますか?

yomuni_pass.jpg

浜松市立図書館の自動車文庫です。浜松市の自動車文庫は3台あり、「よむに〜号」「ぶっくる」「夢ポッケ号」といいます。いつもは、浜松市内を巡回しています。

この「よむに〜号」が、11月21日(月)の「ザ・サンフェス」会場である東部保健福祉センターにやって来るのです。

「よむに〜号」では、浜松市立図書館で利用するように、本の貸し出し・返却ができます。

またこの日は、特別に「貸出カード」の作成もできます。貸出カードは、浜松市内に在住・在勤・在学の人であれば、赤ちゃんでも作ることができます。必ず、身分証明書や在勤・在学の証明ができるものを持参してくださいね。貸出カードを作れば、その場で本を借りることができます。本を借りた場合、返却は、浜松市立図書館のなら”どこでも”返却ができますから、安心ですね。

また、当日は、「ザ・サンフェス」のイベント内容に合わせて、妊婦さんから子育て中の方や、子育て支援をしている人を対象にしたおすすめの本を多数揃えて来てくれるそうです。どんな本があるのか、楽しみですね!!天気が良ければ、青空展示ということで、おすすめ本をたくさん紹介してくれるそうです。

「ザ・サンフェス」当日の利用時間は、午前10時〜午後1時までとなっております。催しの合間などでも気軽に利用できるので、ぜひ、お立ち寄りくださいね!!

「ザ・サンフェス」の詳細は、こちら
ザ・サンフェス

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年11月07日

「ザ・サンフェス」すくすくコーナー

いよいよ今月21日(月)に、東部保健福祉センターにて開催する「ザ・サンフェス」!いろいろ体験コーナーの方は、すでにキャンセル待ちが出ているものもあり、盛況です。

でも、この「ザ・サンフェス」では、予約なしでも楽しめるコーナーがたくさんあります。

今回はその中で、浜松市シルバー人材センターが担当する「すくすくコーナー」をご紹介します。

sukusuku.jpg

浜松市シルバー人材センターは、60歳以上の方が会員となり、活動をしています。子育てとシルバー人材センターが、どうもつながらないと思っている人もいるのではありませんか?実は、子育て支援ひろばの「ひろさわすくすくひろば」「えんしゅうはますくすくひろば」を運営しています。

「ザ・サンフェス」当日は、子どもたちと遊ぶのが得意なスタッフが来てくれます。特におすすめなのは、午前11時〜11時15分に行われる「ふれあいタイム」です。折り紙や工作など、予約なしで参加できますので、お気軽にお楽しみください。

また、その他の「子育て支援ひろば」「親子ひろば」などの情報提供も行いますので、「ひろばに行ってみたいけれど、どこにあるのかわからない」「ひろばでは何をやっているのか知りたい」という方も、ぜひ、こちらのコーナーにお越しください。

なお、「ザ・サンフェス」は、申込みなしでも楽しめるイベントが満載です。
詳細は、こちらをご覧の上、当日お気軽にお越しください。
ザ・サンフェス

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年11月05日

「ザ・サンフェス」遊びルーム

11月21日(月)に開催する「ザ・サンフェス」の中に、申込みなしで楽しめるコーナーのひとつ「遊びルーム」があります。

こちらの担当は、常葉大学の現役大学生のおにいさん・おねえさんたち。「こボラ」というボランティア・サークルのメンバーです。「ザ・サンフェス」当日が平日なので、授業の合間を縫って参加してくれます。

asobi1.jpg

子どもたちとの年齢が近くなることから、子どもの心に寄り添った遊びの場を提供してくれます。皆さんがよく行っている「子育て支援ひろば」「親子ひろば」とは、全然違う雰囲気となることでしょう。

asobi2.jpg

大学生のおにいさん・おねえさんと一緒に、思いっきり遊びましょう!!

当日、午前10時30分〜午後3時30分まで開催しています。もちろん、申込みなしで楽しめます。

なお、「ザ・サンフェス」は、申込み無しでも楽しめるイベントが満載です。
詳細は、こちらをご覧の上、当日お気軽にお越しください。
ザ・サンフェス

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年11月04日

「乳がん検診」アンケートの結果を発表しました

10月のピンクリボン月間に合わせて、浜松で子育てをしているママたちに、「乳がん検診」の受診についてアンケートを実施しました。(アンケート実施期間 9月17日〜10月15日)

pinkribbon.jpg私たちが、子育て世代の方に向けて「女性特有がん検診 受診率向上プロジェクト」を開始したのは6年前です。

その頃調査した時には、乳がん検診や子宮がん検診を受診していない理由として、「痛そう」「恥ずかしい」「もしもがんが見つかったら怖い」という受診する前から尻込みしている人や、「検診にかかる費用がわからない」「検診がどのようなものかわからない」という知識が足りなくて消極的になっている人、「病気になったわけではないから、子どもを預けて病院に行けない」「仕事が忙しくて検診のために休めない」という周囲の理解が得られていない人などが目立ちました。

確かに、病気が見つかると怖いという気持ちはわかります。でも、医療が進歩して、早期発見すればそれまでと同じような生活に戻れる確率が高まっているのです。自分や家族の笑顔のためにも、定期的に検診を受けてほしいと願います。

結果を、ぴっぴサイト内の「ぴっぴのイチオシ!パパママインタビュー」で発表しているので、ぜひご覧ください。

その他のパパママインタビューは、こちら


ti_ganpro.gif

posted by ぴっぴ at 09:37 | 事業:女性のがん検診