2016年10月28日

第2期ファミサポ講習会が終了しました

10月17日(月)から始まった浜松市ファミリー・サポート・センターのまかせて会員・どっちも会員になるための「ファミサポ講習会」が、25日(火)に終了しました。

お子さんを預かる側の会員は、「大切なお子さんの命を預かる」という意味で、例え有資格者であっても、全員の方に24時間の講習を受講していただいています。

24時間の講習会に参加することは大変なことです。しかし、子育てを応援したいという気持ちを持った方たちが、毎回熱心に参加してくれます。それは、参加者の皆さんの熱意でもあり、講座の内容に引き込まれるような魅力ある講師陣による充実した内容だからだと感じています。

先日、ぴっぴのフェイスブックで講習会の前半の様子をご紹介しましたので、今回は、後半の様子を少し紹介します。

後半の講座には、「子どもの世話」や「子どもの遊びと心の発達」「子どもの栄養と食生活」など、直接子どもとかかわる部分のお話や実技の講座がありました。

ファミサポ講習会10月1

20161025.jpg

その話を聞いていて思うこととして、子どもの身体の発達には個人差がありますが、その子の今の状況をしっかり見極めることが大切だということです。育児書などには、子どもの月齢と、どんなことができるようになるかが書かれているものが多いのですが、育児書通りに成長することはないし、子どもの身体がまだできるような段階ではないのに、無理にやらせようとすると、子どもにとっても、大人にとっても苦痛になるだけで、なにも良いことはありません。でも、子どもが自主的にやろうとするなら、嫌がることもなくやれるので、大人もストレスになることはないということだそうです。

しかし一般的には、その「見極め」が難しいものです。簡単に見極められないからこそ、迷ったり不安に感じたりするのです。ところが、専門家でもある講師の先生方は、その見極めのための「ポイント」や「きっかけの作り方」を、わかりやすく紹介してくれます。

例えば遊び食べをして困っているような時、食事の介助の方法を変えるだけで、子どもが自分から食べようとする方法があるのだとか。

こういうところで、浜松市のファミサポ講習会の講師陣の素晴らしさを、講習会のたびに感じます。

自分がまだ子育て中で、子育てを勉強中と思っている方も、また、子育てをひと段落して、今どきの子育てが全くわからないと思っている方も、このファミサポ講習会を受講してくれれば、きっと自信をもって援助活動ができるはずです。今年度の講習会の日程は、すべて終了しましたが、子育てをファミサポという形でバックアップしていきたいという方は、ぜひとも、来年度のファミサポ講習会にご参加ください。

(わかば)

<参考>
過去の浜松市ファミリー・サポート・センターの活動の様子はこちら
http://blog.hamamatsu-pippi.net/category/1826249-1.html

posted by ぴっぴ at 14:38 | ファミリー・サポート・センター

「ザ・サンフェス」人気のいろいろ体験コーナー

11月21日(月)に開催する「ザ・サンフェス」の親子で参加できる「いろいろ体験コーナー」には、3つの企画があります。いずれもあらかじめ申し込みの上、ご参加くださるようお願いします。

<いろいろ体験コーナーのメニューはこちら!>

  1. 読み聞かせ&ミニレクチャー
    12時15分〜12時45分
    ehon.jpg子どもと絵本ネットワークルピナス 副代表の島田洋子氏による、絵本の読み聞かせとわらべうた、そして、保護者向けのミニレクチャーです。島田氏の読み聞かせは、子どもだけでなく大人もうっとりするようなリラックス空間を創り出します。さらにミニレクチャーでは、「絵本はいつから読めばよいの?」「絵本をなめちゃうけど、何がいけないの?」などの、皆さんの日ごろの疑問を解決しましょう!
  2. 骨盤たいそう
    13時〜13時45分
    骨盤たいそう東区にある一笑接骨院 院長田中宏氏による骨盤の歪みや痛みを解消するためのアドバイスです。「子どもを産めば、あるいは、子育てをしていれば、腰が痛くなるのは当たり前だと思っていた」と、骨盤の痛みから解放されることをあきらめてはダメ!!骨盤の歪みやつらい痛みから解き放たれて、育児をもっと楽しめるようにしましょう。もちろん、子ども連れで参加できます!
  3. マタニティビクス
    14時〜14時30分
    マタニティビクス子育てサロン「ひなたぼっこ」マタニティビクス認定インストラクター 石川千栄氏によるマタニティビクス。妊婦さんは、体調がよければ参加、ちょっと体調に不安があれば見学でもよいです。また、子どもさんがいても参加できます。動きやすい服装で参加しましょう。2人目・3人目を考えている方も、今後のために参加してみませんか?
    ※骨盤たいそうは、申し込み多数のため、現在キャンセル待ちのみの受付となっております。

読み聞かせ&ミニレクチャーと、マタニティビクスは、残席わずかとなっております。

■申し込み

電話、窓口に直接、または申し込みフォームからお申込みください。
※託児が必要な場合は申し込み時にお知らせください。

NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ
053-457-3418
〒430-0929
浜松市中区中央三丁目4-18 浜松市子育て情報センター内
(受付時間:月〜土曜 午前9時〜午後5時)


なお、「ザ・サンフェス」は、申込み無しでも楽しめるイベントが満載です。
詳細は、こちらをご覧の上、当日お気軽にお越しください。
ザ・サンフェス

posted by ぴっぴ at 11:33 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年10月27日

子育て教室「私たちらしい妊活&子育てライフを考える」

10月22日、父親と母親のための子育て教室「私たちらしい妊活&子育てライフを考える」を実施しました。これまで様々なテーマで開催してきた子育て教室ですが、妊活についてとりあげるのは初の試みです。アドバイザーとして、産婦人科医の西村満先生(西村ウイメンズクリニック院長)をお招きしました。最初に西村先生から「妊娠のしくみ」や「不妊とはどういうことか」など基本的なことについて講話があり、参加した皆さんは真剣に耳を傾けていました。医学的観点からこうしたお話を聞く機会はなかなか無いものです。「インターネット情報やお友達情報に惑わされないで」という言葉には説得力がありました。
kosodate1.JPG

続いての公開トークでは、代表的な質問をまとめてファシリテーターから西村先生に伺い、回答をしていただきました。ちょうど2人目のお子さんを妊娠中の先輩ママもスピーカーとして加わり、参加者の方にとっては、まさに“知りたかったことを知れる時間”となったのではないでしょうか。
kosodate2.JPG

講座の後半は、参加者それぞれに自分や家族のライフプランを考え、グループで語り合う時間を持ちました。限られた時間ではありましたが、「同じ境遇のパパ&ママたちと語り合えてよかった」という声を多数いただきました。
kosodate3.JPG

妊活という言葉は近年広く使われるようになりましたが、医学的な面に加え、働き方や生活も含め、自分たちの家族をどのようにつくるか見通しを立てることも広い意味での妊活でしょう。子育ては妊活からすでに始まっているし、子育てしながら妊活もしていく、というのが実際のところではないでしょうか。

女性が第一子を出産するときの平均年齢は年々上昇し、厚生労働省の統計では平成25年度では30.4歳。第二子をどのタイミングで産むのか、年齢や働き方を考えて慎重になる方が多いのも頷けます。そして、そのことは家族の問題としてパートナーとよく話し合いたいもの。今回の講座が、そうした子育て世代のための一助となったことを願います。
(midori)

posted by ぴっぴ at 08:26 | 事業:子育て教室

2016年10月22日

ヤマハ労働組合主催「育休取得者交流会」

毎年春と秋に開催されるこの交流会に、ぴっぴとして子育て情報提供をしてきました。

yamaha1.JPG

参加者のほとんどは、来年度に職場復帰を予定している方たちです。保育園に入れるかどうかでヒヤヒヤしている方も多いのですが、今年度は認可園4月入園のための入園申込受付期間が繰り上がったため、落ち着かない気持ちの方もいたようです。また、入園申込前になると、都市伝説のように語り継がれている話もいくつかあるようです。たくさんの情報を得ることは大切です。しかし、必要な情報と必要ない情報、信じてよい情報と出所が不明な信用性の低い情報を、しっかり取捨選択することは大切ですね。

職場復帰するためには、復帰前にもいくつか準備しておきたいことがあります。今回は、昨年この交流会にも参加されていて、今年4月から職場復帰をしたという先輩ママ2名が、自分たちの体験をもとに、「これをやっておいてよかった」「こういうことをしておけばよかった」など、たくさんのアドバイスもありました。

yamaha2.JPG

先輩ママ2名が、「復帰後の生活は、やっぱり大変」といいつつも、子育てと仕事がとても充実している様子がその笑顔からわかったので、今日の参加者たちも、職場復帰に向けて夢が膨らんだのではないでしょうか。子育てと仕事の両立は大変なこともあるかもしれませんが、充実感や達成感もたくさん感じられることがあります。こんなに素敵で頼もしい先輩たちに続いて、子育ても仕事もめいっぱい楽しんでほしいものです。

(わかば)

posted by ぴっぴ at 09:36 | 事業:その他

2016年10月17日

「ザ・サンフェス」の講演会講師をご紹介!

11月21日(月)に東部保健福祉センターにて開催する「ザ・サンフェス」。

昨年度からぴっぴが「出世の街は出生のまち」というキャッチフレーズで行っている事業で、浜松市みんなのはままつ創造プロジェクト「生まれるまち浜松出生ネットワーク事業」として行います。

今年度から、浜松市では産後ケアの新しい支援が始まりますが、浜松の子育て支援は、子どもを産みたいという時から子どもを産んだ後の育児中まで、切れ目のない支援が行われているということを多くの人に知ってもらい、当事者と支援者がつながるための場を作りたいということで、この「ザ・サンフェス」は企画されました。

菊池栄氏講演会「つくる!!安産レシピ〜選ぼう。自分のスタイル〜」の講師は、菊地栄氏です。

プロフィールを見ると、大学で教えたり、元法務大臣の政策秘書だったこともあったり、写真家でもあったりと、いろいろな顔をお持ちで、いったいどんな人なのだろうと想像が膨らみます。ザ・サンフェス実行委員の中には、菊地氏の追っかけさながらに、全国で開催される菊地氏の講演会に参加していたという委員もいるほどです。長きにわたり、マタニティ・コーディネーターとして、あるいは、マタニティ・ヨーガの講師として、1,000人以上の妊婦さんやその家族を支えてきた人なのです。先日、聖隷クリストファー大学で講義を行うために浜松に来られた際、お会いしましたが、とても気さくで、ぴっぴの活動ポリシーと同じように“当事者視点”を大切にされている方でした。

出産する時に、病院をどこにしようかと選ぶことはあっても、出産する時はどういう方法があるのか、自分はどうしたいかなどの“安産レシピ”を考えることは、とても大切なことです。「それのどこが大切なの?」と思っている方は、ぜひ、この講演会にご参加ください。月曜日の開催となりますが、ママだけではなく、これからママになりたい方や、パパ、おじいちゃん・おばあちゃんも、遠慮なくご参加ください。

なお、菊地氏には、午後のパネルディスカッションのコーディネーターもお願いしています。こちらも併せてご参加ください。

■申し込み

電話、窓口に直接、または申し込みフォームからお申込みください。
※託児が必要な場合は申し込み時にお知らせください。

NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ

053-457-3418

〒430-0929
浜松市中区中央三丁目4-18 浜松市子育て情報センター内
(受付時間:月〜土曜 午前9時〜午後5時)

  • ザ・サンフェスについての詳細はこちら
  • 菊地栄氏主宰「babycom

ザ・サンフェス

posted by ぴっぴ at 09:00 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年10月11日

東区出張マザーズコーナー

10月4日(火)に東区役所にて東区出張マザーズコーナーを開催しました。
出張マザーズコーナーは、保育と就活について一度に知ることができる講座です。保育の選び方や、就活の現状を聞けますし、色々迷っている方には選択の参考にして欲しいヒントがつまっています。
東区1
higashiku2.JPG
今回の参加者の中で、初めて託児を頼んだという方がいました。託児者たちは全員プロですから、安心して講座に参加していただけます。託児を頼むことにためらいがある方も、この講座の受講を通して託児を経験されてみてはいかがでしょうか。

個別相談の時間も、十分用意しています。保育と就活の個人的な相談を一度にできる講座はなかなかないので、ぜひ活用していただきたいと思います。
東区3
次回は、11月15日(火)に天竜保健福祉センターで開催します。
11月15日の開催が今年度最後の出張マザーズコーナーです。平成29年4月からの認定こども園(保育所機能)・保育所・地域型保育事業の利用希望の一次申し込みが11月17日から始まります。直前なので、聞きたいことがあれば活用できますよ。まだ空席がありますので、是非お申し込みください。

位置情報平成28年度の出張マザーズコーナーの予定はこちら
http://www.hamamatsu-pippi.net/docs/2014050600033/
お問い合わせ:NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ
TEL 053-457-3418(受付:月〜土、9〜17時)

参加申込み:下記申込フォームよりお申し込みください。
出張マザーズコーナー 申し込みフォーム
(まる)
posted by ぴっぴ at 14:01 | 事業:出張マザーズコーナー

2016年10月05日

「ザ・サンフェス」参加者募集開始!

「出世の街は出生のまち」ということで浜松をPRしようという浜松市みんなのはままつ創造プロジェクト「生まれるまち浜松 出生ネットワーク事業」を昨年度から始めました。

今年度は、この事業で「ザ・サンフェス」というイベントを、11月21日(月)に、東部保健福祉センターで開催します。

ザ・サンフェス

「『妊娠から育児中まで切れ目のない支援』を行政と民間で力を合わせて実践します!」を合言葉に、様々な企画を用意しています。

午前の講演会(託児あり)、午後のパネルディスカッションは、著書『女性のからだと卵子のひみつ 卵子story(ランコ・ストーリィ)』『お産のレシピ―妊娠・出産とゆったり向き合うための本』などの著者でもある菊地栄氏を講師に迎え、当事者視点・支援者視点に立った現在の妊娠・出産・育児についてを、語り合いましょう。

いろいろ体験コーナーとしては、子どもと絵本ネットワークルピナス副代表 島田洋子氏による『読み聞かせ&ミニレクチャー』、一笑接骨院院長 田中宏氏による『骨盤たいそう』、子育てサロン「ひなたぼっこ」主宰マタニティビクス認定インストラクター 石川千栄氏による『マタニティビクス』が、親子で参加できます。

いずれも人気の高い企画ですので、申込制となります。

  • 講演会
  • 講演会参加者のための託児(対象のお子さんは、生後3か月〜3歳まで)
  • パネルディスカッション・読み聞かせ&ミニレクチャ−
  • 骨盤たいそう(残席わずか)
  • マタニティビクス

に参加希望の方は、「ザ・サンフェス」申込みフォームよりお申し込みください。先着順に受付します。

当日は、他にも予約なしで楽しめるコーナーもあります。

  • 情報提供コーナー:妊婦・子ども用品の各メーカーによる「お気軽相談」や「試供品提供」があります。
  • 健康相談コーナー:浜松市の保健師に、子どもや女性の体の悩み相談、子どもの身長・体重測定ができます。(当日10時から受付)
  • 遊びルーム:常葉大学ボランティアサークル「こボラ」のお兄さん・お姉さんと遊べます。
  • すくすくコーナー:浜松市シルバー人材センターのおじいちゃん・おばあちゃんたちと一緒に折り紙・読み聞かせなどを楽しめます。
  • 自動車文庫よむに〜号:浜松市立図書館の自動車文庫「よむに〜号」がやってきます。本の返却・貸出ができます。貸出カードをお持ちになってください。なお、貸出カードを持っていない方は、身分証明書を持参のうえ、当日作成することもできます。

飲食スペースもありますので、1日楽しんでいただけます。参加申し込みをお待ちしております!!

ザ・サンフェス 詳細はこちらです。
http://npo.hamamatsu-pippi.net/docs/2016092100151/

posted by ぴっぴ at 12:00 | 事業:「生まれるまち浜松」

2016年10月03日

浜松城がピンク色にライトアップされました

10月1日(土)日没後から22時まで、浜松城がピンク色にライトアップされました。

hamamatujo_pink.jpg

4年前から、浜松市役所と浜松城をピンク色にライトアップすることをNPO法人いかまい検診浜松が始め、ぴっぴも微力ながら協力・応援しております。

「ぴっぴは子育て支援だから、こういうこともやっているとは!!」

と、よく言われます。私たちは、2010年から、「子育て世代の女性特有がん検診受診率向上プロジェクト」ということで、乳がん検診・子宮がん検診の検診受診率を向上させるために、様々な啓発活動を行っています。

ご存知の方もいるかと思いますが、今年度はQ&Aを見直し、ぴっぴの法人のホームページで紹介しているのもその一つです。

10月はピンクリボン月間です。乳がん検診を受けてますか!?

有名人や身近な人が癌にかかった話を聞くと、ドキッとしますが、日常の忙しさに、うっかり検診を受けるのを忘れてしまってはいませんか!?健康であることを確認することも大切。万が一でも、早期発見が大切です。気になることがあったら、すぐに受診してくださいね。

(わかば)


ti_ganpro.gif

posted by ぴっぴ at 08:28 | 事業:女性のがん検診